2014/08/02 Sat
 8月に入り、猛暑日が続く。ノーネクタイのクールビズをさらにバージョンアップしてスマートクールビズへ。
 ということで8月1日から アロハシャツ にした。


 「目立ち過ぎ」という声。たしかに おっさんにこの派手なアロハシャツは 恥ずかしい。この写真フェイスブックにアップしたら「いいね」が90件近くもきた。
介護保険の窓口職場の一職員である 私だが、私なりの 思いが あってこのアロハシャツにした。

 じつはこのアロハシャツは 堺市では「職員の夏服として推奨」とされている。

 以下堺市HP中区長の動静トピックスから 
 注染とは、染めたい部分に粘土で土手を作り、そこに染料を注いで染め上げます。プリントと異なり裏表なく染め上がり、やさしい風合いと色落ちしにくいのが特徴で、日本手拭いや浴衣の生地が有名です。石津川水系の毛穴地域は、綿花の産地である河内や泉州と大消費地である大阪に近く、製品を水洗いするのに必要となる豊富な水にも恵まれたために、この地域で盛んになったといわれています。
 本市では、この伝統産品のPRと、スマート・クールビズへの対応を兼ねて、注染のアロハ・シャツを職員の夏服として推奨しており、市長をはじめ局長級の幹部職員は、5月と8月の市議会に出席するときにも着用しています。また、市にゆかりのある方に、堺親善大使に就任いただいた記念品として、このシャツを贈呈しており、先日、警察庁の元長官である國松氏を講師に迎えた講演会でも、このシャツを着てご講演いただきました。
 貴重な地域資源である注染の魅力を全国に発信するため、堺注染和晒興業会(西川由紀理事長)と一緒になって、注染の手染め体験や、陶器や土師といった陶器発祥の地を活かした陶器の絵付け体験ツアーなど、中区の魅力の創出・発信に向けて、中区の知(地)の拠点である大阪府立大学との連携も視野に、検討を進めていきたいと思っています。


 エコスタイルでも「堺注染アロハシャツ等の着用も可」と明記されている。
  
 そして、堺注染アロハシャツ販売も行われている。
~注染和晒~
江戸時代の初め(17世紀)に堺市の石津川沿いでは、水や日光といった自然が豊かなこと、綿織物の特産地であった泉州が近いこともあり、ゆかたや手拭いの生地である「和晒」の大生産地として発展しました。のちに「注染」という伝統技術と結びつき、堺は「晒」と「染色」を一貫してできる全国でも稀な地域になりました。
手染め注染には、表現力の優れた「ぼかし技術」があり、微妙なタッチや奥深さが味わえ、使い込むほどに手染めの風合いがでてくるのが特徴です。
【アロハシャツ】
色: ピンク系・グリーン系
柄: 堺(文字)と堺ゆかりのあるもの
染色:注染技法
【販売内容】
○注染シャツ・・・2柄 2色(ピンク系・グリーン系)  価格 11,000円(消費税込み)
○捺染シャツ・・・2柄 2色(ホワイト系・ピンク系)  価格  3,700円(消費税込み)


 竹山市長も「昨年度に引き続きまして、堺の伝統産品でございます注染のアロハシャツを着たい」「『スマートクールビズ』というものをぜひ地元産品も活用しながら行っていきたい」と記者会見でここ数年強調している。


 しかし、まだまだ、この堺特産品の注染アロハシャツの着用は、市職員の中ではいたって少数。わが区役所では、誰もきていない。
 昨年9月の市長選挙で、市民があんなに燃えて「堺はひとつ」「堺をなくすな」と、維新の「大阪都構想」を打ち破った堺市だが、あの熱気は 今は 役所の中には感じられない。
 さみしい限りだが、せめて クールビズの服装だけでも 「堺」にこだわって見ることにした。

 わが区役所でただ一人着用して 窓口に出ると、何人も市民の方や ケアマネジャーさんに「涼しそうですね」と声をかけられ、「堺って書いてありますけど何のシャツなんですか」と聞かれたことも。
 
 これは堺の伝統である「注染」です、と説明すると 何人かは「あっ毛穴で作っているやつですね」と ご存知の人もおられた。また、「はじめて聞いた」というニュータウン住民も。ささやかな窓口でも会話が、職員と市民の垣根を越えて「堺の伝統」を共有できる。
 
 率先して着用している竹山市長の思いが少し理解できたように思う。

 私のささやかな「堺はひとつ」である。 
スポンサーサイト
Category: 堺市政問題
2013/12/31 Tue
今年の大阪を端的に述べた記事。この新聞でも、これだけ書くようになった。
「回顧2013おおさか」 
維新失速 都構想実現へ正念場


 ◇堺市長選敗北、「泉北高速」で府議造反


堺市長選の投開票後、記者会見する大阪維新の会の橋下代表(左)と松井幹事長(9月29日)
 今年9月の堺市長選で、現職の竹山修身市長が、大阪維新の会の新人候補を破り再選を果たした。維新の看板政策である府と大阪、堺両市を統合再編する「大阪都構想」にとって大きな痛手となると同時に、2010年の結党以来、橋下徹代表(大阪市長)を先頭に躍進し続けてきた同党の失速を印象づけた。(池口次郎)

 「変化への危機意識の方が強かった」

 9月29日夜、市長選の敗北を受け、松井幹事長(府知事)と並んで記者会見に臨んだ橋下氏の口調は淡々としていた。

 これまで、有権者の抱く閉塞感や不満をすくい上げ、既存勢力に変革を迫ることで躍進してきた維新。しかし、堺市長選では、「堺はひとつ、堺をなくすな」と、都構想で堺が分割されるとの危機感を訴える竹山氏に対し、「なくなるのは市役所と市議会。市民に不利になることはしない」と反論を続けたが、最後まで防戦一方。5月の橋下氏のいわゆる従軍慰安婦問題についての発言で国民から厳しい批判を受け、7月の参院選で伸び悩んだ維新に、巻き返す力は残っていなかった。

 党本部が支援する候補が首長選で敗れる初めてのケース。選挙に強いという「不敗神話」の崩壊に維新は揺れた。「もう橋下人気には頼れない。党を離れる議員も出てくるだろう」。府議の一人はそう漏らした。

   □    ■   

 その懸念は、現実のものとなった。

 「反対させて下さい。苦渋の決断でここへ来た」。12月16日、泉北高速鉄道などを運営する府の第3セクター「大阪府都市開発」を、米投資ファンドに売却する議案の本会議採決直前、維新府議団の総会で、府議の一人が突然、声を上げた。

 動揺が収まらない中での採決で、結局4人が造反し、議案は否決。維新は4人を除名したが、11年の統一地方選以来維持してきた府議会議席の過半数という最大の武器を失うことになった。

 「次の選挙では、維新で勝てそうにもないという判断が働いたのだろう」。橋下氏は造反者を、そう切り捨てたが、自民党府連幹部は「維新の力が落ちてきた証拠。いよいよ維新離れが始まる」と語る。維新が過半数に満たない大阪市議会でも、橋下氏肝いりの市営地下鉄・バス民営化の関連議案が採決されず、3度目の継続審議になるなど、求心力低下は明らかで、他会派との溝は広がっている。

   ■    □   

 都構想は今後も、府・大阪市の法定協議会で議論が続く。来秋にも予定する住民投票の実施には、区割りなどを定めた協定書を作成し、府・市両議会で過半数の賛成を得る必要があり、他会派の協力は不可欠だ。しかし自民や民主などの反発に加え、公明も慎重姿勢を崩さず、スケジュールは遅れている。

 橋下、松井両氏は「公明と話をしながら政策を進めていけばいい」と連携に期待するが、公明関係者は「府議会の過半数割れで、維新の思惑通りには進まなくなる。これからは本当に是々非々の対応だ」と語り、なお展望は開けていない。

 橋下氏らが目指す都制移行は15年4月。維新は正念場を迎える。

(2013年12月27日 読売新聞)

維新失速
Category: 堺市政問題
2013/12/29 Sun
 「堺をなくすな!」にあけくれた2013年。
 今年中に見ておかなければならない映画がある。

 「利休にたずねよ」である。
 
 原作は、8月に読んだ。

 今、堺市は 「利休観光」ブームである。
 「利休のふるさと堺をたずねて」というイベントもやっている。
13利休堺2

 利休バス
 利休塾

 もある。

 利休のふるさと 堺を歩く
 そんなんで、今日は、映画「利休にたずねよ」を観に行った。
 13利休にたずねよ

 
 ジーンという満足感と感動である。
 朝鮮(高麗)から拉致されてきた女性への思慕が、利休の茶の原点。
 狭い茶室と、高麗の姫に最後の茶をたてた小屋がだぶる。原作では得られない、映像ならでは感動である。

  秀吉が、意のままにならない利休に切腹を命じるシーン。 
 利休が高麗女性の形見として懐にだきつづけていた「香合」を差し出せば許す、という秀吉に対し、
 
 「私が額ずくのは美しいものだけでございます」

 堺の人間が、もっとも感動するシーンである。
 
Category: 堺市政問題
2013/12/16 Mon
 維新の本丸で勝った! 夕刊各紙が、「本会議では可決の公算」と報じる中で、否決である。  

 12月16日、大阪府議会最終本会議で、泉北高速鉄道株式の米ファンド会社への売却議案が否決された。
 議案賛成の白票を投ずる維新の会の議員の中で、堺市南区のみつぎ議員、中区の西議員、大阪住吉区の中野議員、高石市の奥田議員が反対の青票を投じた。
 住民の願いを軽視し、鉄道運営という安全性、安定性も不安で、利益追求だけが目的の投資ファンド会社に売却しようという松井知事ー橋下市長ら維新の会の「常識」は通用しないことが明らかになった。


 堺市南区民の「悲願」が維新府議会議員を造反させた。

 本会議に先立つ午前の都市住宅常任委員会で、維新府議団方針に逆らって 泉北高速鉄道株売却議案に「反対」した堺市南区選出議員の弁。

「造反した密城浩明府議(堺市南区)は記者団に「沿線住民の悲願である値下げを、(ロ社が提示した)『10円で辛抱してください』では賛成できない。」


 維新は、反対票を投じた4人を除名にした結果、府議会単独過半数を失うことになった。

 
 9月の堺市長選挙は、「維新の堺侵略」との闘い。これを撃退・敗走させて、今回は本丸攻めである。さあ、次は「維新城」を攻め落とす闘いだ。
Category: 堺市政問題
2013/12/15 Sun
 12月15日午後、明日に府議会を控え、泉北高速鉄道株の売却問題についての緊急住民集会が泉ヶ丘センタービルで開かれた。「高額運賃」で、この泉ヶ丘駅から堺東駅まで400円!運賃引き下げは泉北ニュータウン住民の悲願!
 13泉北泉ヶ丘運賃

 泉北高速鉄道は、大阪都市開発株式会社(OTK)が運営。大阪府が株式の49%を保有する。あまりの運賃の高さに「泉北高額鉄道」という人さえいるほど。なんせ、同じ堺市内に行くのに400円、難波までだと520円なのである。
 これを、大阪府松井知事は、売却するというが、売却先はアメリカ系投資ファンドの「ローンスター」。運賃はたったの10円引き下げである。泉北高速鉄道に接続している南海電鉄の購入条件は運賃80円引き下げ。鉄道会社でもない投資ファンドへの売却は国内でも例がなく、経済界からの批判が沸き起こり、堺市議会でも維新以外の全会派賛成で「白紙撤回」決議が12月4日採択された。

 主催者あいさつは、住みよい堺市をつくる南区連絡会の松永さん。「堺市議会では維新は『逃亡』した。南区出身の維新の府議会議員は住民の声を無視できず『売却反対』に回った」、最後までたたかえば、展望は開ける、と熱く語られた。
13泉北高速松永氏


会場は超満員。立見多数。泉北ニュータウン住民の怒り爆発だ!
13泉北高速売却集会1


 講演は、奈良女子大学の中山徹先生。泉北高速鉄道の運営会社(大阪府都市開発株式会社 OTK)の設立経過と泉北高速鉄道の資産形成過程を詳しく解明。泉北ニュータウンの形成と泉北高速鉄道の財産形成は一体。泉北高速鉄道の財産形成は泉北ニュータウン住民の負担と沿線住民の運賃負担、ということがよくわかる。府知事や維新の府議団が泉北ニュータウン住民を無視して勝手に売却出来るものでない!

 13泉北高速中山先生

 泉北高速鉄道株売却問題住民集会での中山徹先生の指摘。泉北高速鉄道の資産は泉北ニュータウン開発の利益と運賃収入。泉北ニュータウン開発の収益で、これまでに泉北高速鉄道の運賃引き下げが可能だったのに、りんくうタウンの赤字の穴埋めに使われた。今回、大阪都構想に基づく巨大開発の資金のために慌てて売る必要はまったくない! この指摘に一同納得。

 明日16日の大阪府議会での採決を控えた府議会の緊迫の報告。堀田文一府議会議員。府の売却のデタラメさを事実に基づき、「高く売るため」に、わずか10円値下げで、住民の声を切り捨てる維新の不当性を厳しく批判された。

 南区選出の堺市議会議員の城勝行さん。維新以外の全会派が一致して採択した「白紙撤回決議」を報告。泉北ニュータウンの周辺地出身の城議員は、「ニュータウン開発の時は農民から二束三文で土地を取り上げ、泉北ニュータウン住民に高く売りつけ1381億円もの利益をあげながら、りんくう開発などにつぎ込んできた。今回の泉北高速鉄道株売却問題も同じことだ!」と指摘された。
 13泉北高速城議員


 泉北高速鉄道株売却問題の集会では、会場から「今から、維新の府議会議員全員に電話をかけよう!」という意見も出された。私が急きょ、府議会議員名簿のコピーに走った。集会後、100枚のコピーは、参加者から、私も私も、とあっと言う間になくなった。
 

 集会の後、泉が丘駅前で大宣伝行動です。 通行する人が次々と署名に応じた。署名用紙を持って帰る人、ビラを何十枚も持ち帰る人。署名用紙の前には人だかりができ、泉北ニュータウン住民の関心の高さ、高額運賃への怒りをひしひしと感じる。
 13泉北高速宣伝1

13泉北高速署名

 105人の大阪府議会のうち、維新は55人。しかし、13日の維新議員団会議では、42人が、売却に賛成したものの13人が賛成せず、維新以外は「みんな」の1人を除いて、全ての会派が「反対」なので、維新から4人の反対、または7人の退席者が出れば、売却は否決される。府議会勢力泉北高速

 12月16日 大阪府議会は明日である。



Category: 堺市政問題

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索