2015/05/18 Mon
 勝った!
 たとえ0.8%でも勝ちは勝ち。大阪市廃止はストップ。

 維新の橋下は「引退」表明。



 本当によかった。
 投票日 7時半まで西成区で宣伝した手ごたえが伝わってくる。


出勤すると机にチョコが。心から住民投票の行方を心配し大阪市内の親族や知人に声をかけてくれた人からの祝い品。大阪市内から通うほかの職員も「よかったね」と口々に。これは堺市のたたかいでもありました。

岐阜県飛騨地方の田舎に住む86歳の父から突然の電話。「大阪の住民投票、反対が勝ってよかったな。ご苦労さん」。そうや、日本じゅうから心配されてたんや。一番嬉しかった。



 あとは、本当に維新と橋下を大阪から追放すること。たたかうぞ!

スポンサーサイト
2015/05/10 Sun
大阪市の廃止か存続かを問う住民投票まで1週間。

「大阪市をなくすな!」の一点での歴史的な共同が実現した。
まずは、5月10日午前の自民党と共産党の「合同街頭演説会」
現代の「国共合作」とまで言われた前代未聞の企画。維新の大阪市廃止とたたかう現代の大阪版「反ファシズム人民戦線」である。


 現地では、共産党大阪府委員会の宣伝カーと並んで、自民党大阪府連の宣伝カー「なにわ号」が横付け。さらに民主党の国会議員も加わって自民・民主・共産の合同演説会に。


そして、午後か扇町講演での「大阪市をなくすな!5・10集会」


共産党と「明るい会」などの大量の参加者


自民党ののぼり旗も会場にへんぽんと翻る。


そして民主党ののぼり旗と連合大阪などの参加者


まさに超党派、維新の大阪市つぶしとたたかう「大同団結」が実現した。

集会には、竹山堺市長もあいさつ。


デモ行進も自民党から民主党、共産党までずらりと並んで「大阪市をなくすな!」のシュプレヒコール






私もしんがりを務めさせていただいた。




2015/04/28 Tue
 4月28日夜、なんばの府立体育会館で「府民大集合」(明るい民主大阪府政をつくる会・大阪市をよくする会主催)に参加した。竹山・堺市長、柳本・自民党参議院議員、山下芳生・日本共産党書記局長がスピーチされ、まさに超党派で「大阪市なくすな!」の府民運動のスタートの集会となった。
 
 どの発言もすばらしかったが、やはり、私が一番感動したのは竹山市長の発言である。


市民としてわが街へのプライドをかけたたたかいであることを堺市長選挙のたたかいの経験をもとに熱く語られる。
 「堺のことは堺で決めると、歴史と文化のまちのプライドを守った」
「今、大阪市で問われてるのも同じこと。政令市が持っている権限や財源を市民のために使うべき。」
 現職の政令市の市長として、リアルで分かりやすく政令市と「特別区」の権限・財源のちがいの説明。

 さらに、維新と橋下の「威力」についても身を持って経験した堺市長選挙の教訓を語る。
「維新は全国から人を動員し公選法違反すれすれの戸別訪問、オーロラビジョンをトラックで載せて大宣伝・・・・堺市長選で維新の動きがすごかった。はね返せたのは市民の団結力。『堺は一つ』でたたかったから。」

 橋下維新とのたたかい方の戦略・戦術のしっかり触れられる。
「橋下は言葉の魔術師。その種明かしをするのは、府会議員・市会議員のみなさん。そして市民のなかにそれを語って広げていくのは集会に参加されている皆さん」
「金儲けだけのまちでなく、人と人、地域が連帯するまちにしよう」「浪花の底力で大阪を守ろう」

 堺市民として、そして堺市職員として、市長のすばらしい発言を聞いていて、涙が出るほど感動、そして誇りを持つことができた。
 橋下維新とのたたかいを語らせたら、竹山市長の右に出る人はいない。


集会は、最後に、先日の選挙で維新に打ち勝った八尾市の田中市長も駆けつけ登壇、旭堂南陵師匠の音頭で「大阪締め」。
 うーちまひょチョンチョン、もひとつせチョンチョン、祝うて三度チョチョンがチョン。


 5・17 維新に審判を!

 
2015/04/26 Sun
 4月26日午後、堺市産業振興センターで開かれた「こんな橋下に大阪をつぶされてたまるか!」堺市民の学習会は、会場定員の倍以上の200人近い参加者であふれかえった。会場内は熱気一杯。かなりの方々に会場外の廊下に座って聞聞き入った。




 8年前に橋下徹を府知事候補に引っ張り出したという浅野秀弥さん(大阪都構想はいらない… 民意の声 代表)の迫力を講演。浅野さんは、橋下徹の人物像やペテン師ぶりを裏話を交えながら紹介し、「絶対に負けられない闘い。堺とも心ひとつに必ず勝ち抜こう!」と檄を飛ばされた。



 自民党市議の長老だった加藤均さん(85歳)の発言。木原市長の下で副市長を務めていた高橋保さんという多彩な顔ぶれに加えて、竹山堺市長もゲスト参加され、素晴らしいあいさつをされた。竹山市長は、「市民の誇り、プライドがかかった闘い。大阪市を潰してしまっては、もとも子もない。賢者は、歴史に学ぶと言うが、我が堺の闘いと思って頑張ろう! 」と熱く訴えられた。

 まさに、一昨年9月に維新に打ち勝った「堺は一つ」のたたかいの再来である。5月17日に向けて、大阪市住民投票で「大阪市廃止・5特別区案」を廃案に追い込み、維新に審判を下すたたかいに堺市からも全力で支援することを誓い合った。 

私は、この集会、裏方で、案内ポスター持って立っておりました。
2015/04/24 Fri
4月24日午前、介護保険料に怒る一揆の会と年金者組合、大生連は大阪市に対して、介護保険に関する共同要求書を提出した。
 5月17日に住民投票が予定されている「大阪市廃止・特別区への分割」で、大阪市の介護保険は大きな影響を受ける。大阪一・政令市では全国一高い介護保険料、大阪一遅い要介護認定事務、こうした最悪の部分は残したまま、特別区による「事務組合」運営という無責任・二重行政化により、さらに悪くなる介護保険である。

大阪市役所


 要求書提出は、大阪市福祉局に行ったが、5月17日までに回答・交渉を行うよう強く求めた。


2015年4月24日

大阪市長  橋下 徹  様

全日本年金者組合大阪府本部
執行委員長  永井 守彦
全大阪生活と健康を守る会連合会
    会長 大口 耕吉郎
介護保険料に怒る一揆の会
 代表  宮崎 守正

大阪市の介護保険に関する要求書

大阪市の介護保険料(65歳以上の人の第1号保険料)は、第6期(2015~17年度)で、約15%の引き上げで「基準月額6758円」と大阪府内でも政令指定都市の中でも最高額となりました。
 大阪市を廃止して5つの「特別区」に解体し、大阪府に統合する「特別区設置協定書」が住民投票にかけられようとしていますが、これは介護保険にとっても重大な問題を引き起こします。
 大阪市の介護保険について、下記のとおり要求しますので、回答を行い、解決に向けた話し合いの場を設定されるよう求めます。



1 大阪市を解体しながら、介護保険は特別区で運営せず、一部事務組合運営とするなど、「基礎自治体」の呈をなさない構想については、撤回すること。介護保険については引き続き政令指定都市たる「大阪市」が責任を持って運営すること。
2 政令指定都市・大阪府内市町村でいずれも最高額となった介護保険料を引き下げること。必要な財源は国に求めつつ、当面は一般財源を投入すること。
3 国において制度化された公費による低所得者保険料軽減について、大阪市において国基準以上の保険料(2015・16年度第1段階 0.5、2017年度 0.35)としているが、不当な負担強化であり、国基準以下の保険料とすること。
4 大阪市の独自の保険料減免制度については、今後とも維持・改善を図ること。
5 認定処理が恒常的に遅延するなど問題の多い認定事務センターについては、廃止し、大阪市が直接要介護認定事務を行い、迅速に認定すること。

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索