2008/02/11 Mon
今日は「建国記念日」
 休みなのは結構だが、とんでもないインチキ記念日である。
 戦前は「紀元節」といった。

 こんな唄もある
 「雲に聳(そび)ゆる高千穂の
高根おろしに草も木も
なびきふしけん大御世(おおみよ)を
仰ぐ今日こそたのしけれ 」

 
 1873(明治5)年に、明治政府が創作した記念日で、 「紀元節」は、初代天皇とされる神武天皇が、「辛酉(かのととり)年春正月」の1日に即位したという『日本書紀』の記述にもとづく。
 それなら「正月の1日」が建国記念日となるはずだが、明治当初は太陽暦に変更されたばかりでなんでも太陽暦に換算するのが流行った。それで1月1日を太陽暦に換算して2月11日と定めたものだ。
  
 
神武天皇が即位してから日本の歴史が始まり、その子孫による統治は永遠に変わらないものだとする天皇中心の歴史観であり、紀元節はその根幹をなすものだ。
 その計算でいくと確か現天皇で125代目になるはずである。
 アホラシイ限りである。
 日本書紀によれば、この神武天皇は在位76年、127歳(古事記では137歳)で没し、畝傍山東北陵に葬られたことになっている。
 2600年前にそんな長命の人間がいるわけないだろ。

政府の説明では、紀元前660年2月21日が神武天皇即位の日となる。
 そのころの日本はまだ縄文時代で、文字や暦もない。
 原始共産制に近く、階級も発生しておらず、当然天皇もいない。
 神武天皇が実在しない人物であることは歴史学の常識だ
 にもかかわらず、2月11日を「建国記念の日」とするのは、世界に恥ずべきペテンというものであろう。

 敗戦とともに廃止されていた紀元節だが、
 1976(昭和41)年の法改正で追加された国民の祝日だ。当時
戦前の「紀元節」を復活させようとしているのではないかとの革新政党の強い
反対により国会でこの祝日の日付を決めることができず、「日程は別途政令で定める」ということにされ、結局は戦前の紀元節の日取りである2月11日に定められた。

 戦後の復活もごまかしとペテンのような経過である。

 このような建国記念日だが、21世紀を迎えた今日
 まったく議論にすらならない
 教職員組合を中心に「2・11建国記念日不承認のつどい」という催しもあるが、
 私も10数年前から参加していない。

 無関心につけこんだ既成事実の積み重ね
 姑息な権力者の常套手段だ

スポンサーサイト
Category: 天皇問題
2007/04/29 Sun
 今日(4月29日)は「昭和の日」。もともとはヒロヒト天皇の誕生日。彼が死んだ後は、「みどりの日」というわけのわからん休日になった。「昭和天皇とともに昭和の時代を顧みる趣旨にすべき」との右派勢力の策動により、昭和の日となった。
 そんなら「みどりの日」はどうなったのか。

 「みどりの日」は今年から5月4日に移動して存続。
「日本の国土は約7割は森林であり、森林は国土の保全や自然環境の保全、水資源のかん養、木材の供給といった私たちの国民生活に重要な役割を果たしています。ちょうど新緑の季節に当たり、祝日の趣旨に最適な時期です。自然がもたらしてくれる恩恵に感謝し、私たちが直面している環境問題や自然保護・世界の緑化について考えるよい機会です。自然をこよなく愛された昭和天皇は、「全国植樹祭」にも必ず参列され、ご自身の手により植樹を行ってきました。その伝統は、今の天皇陛下に受け継がれています。」(昭和の日ホームページ
 
 まあ、どうでもよいけど、環境問題と天皇を結びつけるとはいかにも意図的で巧妙。休日が減らなければ国民は不満を言うまい、という魂胆が見え見えだ。

 ところで、私は1990年代はじめ、週休2日制導入の頃、「日本的時短」というのを考えたことがある。
 
 歴代天皇の「命日」を全て「休日」にするというもの。

 ただし、124代の天皇のうち、明治・大正・昭和は、一連のアジア侵略と軍国主義につながるから除外。初代の神武天皇から9代開化天皇も実在しないからボツ。それ以降もアヤシイから基本的にボツ。まあ、26代の継体天皇あたりから、命日が特定できる者だけを「国民の休日」に。あと南北朝時代も精査する必要がある。

 休日のたびに「今日は後醍醐天皇の日や」「来週は持統天皇の日や」というぐあいになる。

 これを条件に天皇制は廃止せず、伊勢神宮にでも引っ込んでもらって国民の休日を司る役割を天皇にしたもらう、ただし、皇居は返還、給与は一般の国家公務員と同額。

 「皇室が日本国民統合の象徴」というならこのくらいのことを言い出す奴がいてもよいと思うのだが。
Category: 天皇問題
2007/01/04 Thu
正月休みも最終日。年末に観た映画「硫黄島からの手紙」が印象に残り、書店をめぐって「硫黄島」「栗林忠道」の書籍を買い集める。
 「『玉砕司令官』の絵手紙」、「闘魂 硫黄島」、「栗林忠道 硫黄島の戦い」、「硫黄島とバロン西」の4冊を買った。

 どの本も、栗林中将の指揮官ぶりをたたえている。それまでの「水際殲滅作戦」を捨てて、全島に張り巡らせた洞穴陣地による長期抵抗路線をとり、いたずらに死に急ぐ「万歳突撃」を戒め、米軍に多大な犠牲を強いて玉砕した硫黄島の戦い。
 日本側の戦死者20,129名(島民から徴用された軍属82名)。生還者 1,033名。
 ただし、玉砕とはいうが、硫黄島で戦死したうち本当に戦闘で死んだのは3割にすぎない。6割は壕の中で自決したか注射などの処置で殺され、残り1割は他殺だという観察もあるそうだ。旧日本軍の精神的支柱となった「軍人勅諭」と「戦陣訓」の影響は大きい。
(米軍の戦死者 6,821名、負傷者 21,865名。合計28,686名)

 栗林忠道は、妻と子への心遣いを絵手紙で送る一方、「兵団長の五誓・六訓」を書き、ガリ版刷りにして配り部下に復誦させたいう。
 
 その栗林中将の1945年3月17日の大本営に宛てた「決別の電文」




戦局遂に最期の関頭に直面せり、十七日夜半を期し小官自ら陣頭に立ち皇国の必勝と安泰を念願しつつ全員壮烈なる攻撃を敢行する。敵来攻以来、想像に余る物量的優勢をもって陸海空より将兵の勇戦は真に鬼神をもなかしむるものがあり。しかれども執拗なる敵の猛攻に将兵相次いで倒れたためにご期待に反しこの要地を敵手にゆだねるやむなきに至れるは、まことに恐懼に堪えず幾重にもお詫び申しあぐ。

今や弾丸尽き水枯れ、戦い残るもの全員いよいよ最後の敢闘を行わんとするにあたり、つくづく皇恩のかたじけなさを思い粉骨砕身また悔ゆるところにあらず。

ここに将兵とともに謹んで聖寿の万歳を奉唱しつつ、永久のお別れを申しあぐ。防備上に問題があるとすれば、それは米国との物量の絶対的な差で、結局、戦術も対策も施す余地なかりしことなり。

なお、父島、母島等に就いては同地麾下将兵如何なる敵の攻撃をも断こ破砕しうるを確信するもなにとぞよろしくお願い申し上げます。

終わりに駄作を御笑覧に供す。なにとぞ玉斧をこう。

 国のために重きつとめを果たし得で 矢弾尽き果て散るぞ悲しき

 仇討たで野辺に朽ちじ吾は又 七たび生まれて矛を報らむぞ  

 醜草の島にはびこるその時の 国の行く手一途に思う
 



 はるか62年も前のこととはいえ、この硫黄島には航空自衛隊が置かれ、つい先日は、中国を仮想敵とした日米合同演習も行われた。昨年、防衛庁が「防衛省」に格上げされ、教育基本法の改悪も強行された。安倍内閣は「憲法改正」を政権課題とした。
 「美しい国・日本」とは、家族に優しい絵手紙を送る「よき父」を名指揮官として戦陣で玉砕させる国であってもならない。
 
Category: 天皇問題
2006/09/06 Wed
あまりにもばかばかしい大騒ぎ。秋篠宮の男児誕生で1日この国はお祝い報道がヘドがでるほど垂れ流された。天皇家に「世継」出現で昨年あれほど取りざたされた女帝論議も吹っ飛んだ。
 出産した病院のVIPルームは1日4万5千円、新生児のために宮内庁は公費で秋篠宮家に専任看護師3人を配置するという。国民の苦しみなどそっちのけの厚遇。
 情けないのはそうした報道に無批判で追随しお祝いムードに流される国民。職場の50歳代の女性職員などは仕事もそっちのけで号外片手に「男のお子様でよかってですね」とおしゃべり。
 21世紀の日本、このような愚かな皇室制度はいつまで続くのだろう。
Category: 天皇問題
2006/08/29 Tue
 ある方から、私のブログで天皇問題やヤスクニ問題でいろいろ書いていることについて、「あんなこと書いて大丈夫ですか。身辺の安全に気をつけた方がいいですよ。介護問題一本に絞ったほうがいいのでは」とご忠告を受けた。
 いままでいりいろなことやってきたが、過去2回だけ、身辺に危険を感じたことがある。1度は20年前の昭和天皇が堺市に全国植樹祭に来たとき、「戦犯天皇」の文字を天皇の通る沿道に掲げて妨害した警察ともめたときである。右翼を名乗る複数の脅迫電話があった。2度目は6年前に社会福祉法人の不正を個人で刑事告発したとき、マスコミで報道されてこともあり多くの励ましとともに、いくつか脅迫があった。
 どちらもある程度覚悟の上であったし、何かあっても、それはそれで闘えばよいし、生命・身体に害を及ぼされたとしてもある意味本望だとも思った。
 しかし、今回は、何も行動しているわけではない。ほそぼそとブログに書いているだけ。純粋に思想信条、表現の自由の問題だ。こんなレベルのことまで「身の危険を心配」していただくような世の中になったと思うと情けないとつくづく思う。
 今後も過激人生を通そうと思う。私の存在意義はそんなところか。
Category: 天皇問題

プロフィール

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索