2014/03/27 Thu

厚生労働省が5年ぶりに公表した特別養護老人ホーム入所申込者数。前回よりも10万人も増えて52.4万人!
さらに都道府県によって集約方法がバラバラで、大阪府など4府県にいたっては要介護度別の集計がなく、厚労省が前回の要介護度別割合を基に「推計」したとのお粗末さ。前回集計時にはあった自宅以外の居場所の集計もなし。国もそうだが、自治体ももはや正確な特養ホーム待機者を把握する機能さえ喪失したのか、と言いたくなります。

今回の介護保険制度見直しで、特別養護老人ホーム入所対象者から「排除される「要介護2」以下は、17.8万人、全待機者の34.1パーセントを占めます。これらの人びとは介護保険改悪後は特養ホーム入所申込さえできなくなり、待機者数にもカウントされなくなります。

厚生労働省発表資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000041418.html

スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し

プロフィール

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索