2014/12/31 Wed
お盆以来の帰省。
実家(岐阜県下呂市金山町菅田)に息子とともに帰省しました。
名神高速道路と東海北陸道を通って、4時間。
やっと着きました。岐阜県下呂市金山町菅田です。雪はまだほとんどありません。


スポンサーサイト
Category: 雑感・雑記
2014/12/31 Wed

年末にとんでもないニュース。
改定介護保険法の唯一のメリットだった「低所得者介護保険料の『公費』による軽減措置」。
厚生労働省は、ずっとこの説明をしてきた。

                                   現 行             公費による軽減措置
第2段階(非課税世帯・年金額80万円以下)         基準額×0.5 →     基準額×0.3 
特例第3段階(非課税世帯年金・年金額120万円以下)  基準額×0.75 →    基準額×0.5
第3段階(非課税世帯)                      基準額×0.75 →    基準額×0.7

 この軽減に要する費用(最大1300億円は、「公費投入」として、介護保険法も改正した。

 厚生労働省資料


 ただ、その財源は消費税分をあてるとしており、消費税増税に伴う低所得者対策としての性格ももっていた。
 来年度からの第6期(2015年度~17年度)は、全国的にも大幅な介護保険料引上げが予定されており、厚労省の推計でも2025年度には、現在の介護保険料(全国平均月4972円)の1.6倍に跳ね上がるとしている。
 介護保険料上昇に悩む市町村にとっては、この「低所得者軽減」が頼みの綱だった。

 11月に開かれた全国介護保険担当課長会議では「軽減幅については平成27年度予算案編成後」としていたが、消費税10%増税先送りにより、財務省から「低所得者軽減も見送り」との圧力が強まり、今回のわずか現行よりも、第2段階だけが5%軽減という、限りなくゼロに近いものとなった。

 報道によれば、第2段階のみ現行の50%軽減を 45%軽減にするだけという、わずかなものに圧縮されてしまった。

                                   現 行             公費による軽減措置
第2段階(非課税世帯・年金額80万円以下)         基準額×0.5 →    基準額×0.45(0.05軽減強化)
特例第3段階(非課税世帯年金・年金額120万円以下)  基準額×0.75 →   基準額×0.75(現行どおり)
第3段階(非課税世帯)                      基準額×0.75 →   基準額×0.75(現行どおり



 軽減割合だけは国保料の低所得者軽減(7割・5割・3割)に合わすかのような案を早々と出し、「やるやる」と言い回り、国会も自治体もその気にさせ、消費税増税先延ばしになると、手のひらを返したように、引っ込め微々たる軽減でごまかす。
 まさに「やるやる詐欺」である。 介護保険の詐欺がまたひとつ増えた。

 全国の市町村、そして、高齢者のみなさん。怒りに燃えて立ち上がる時である。

以下朝日新聞より引用

介護保険料の負担軽減策、予定よりも大幅に縮小 その背景は?
朝日新聞デジタル | 執筆者: 蔭西晴子
投稿日: 2014年12月30日 10時39分 JST 更新: 2014年12月30日 10時43分 JST
介護保険料軽減策、大幅に圧縮へ 消費税10%先送りで
care insurance(c)朝日新聞社

所得が低い65歳以上の高齢者を対象にした介護保険料軽減策の拡充について、厚生労働省は、予定通り2015年度から実施するものの、対象者や軽減率を大幅に圧縮する方針を決めた。消費税率10%への引き上げによる増収分を財源と見込んでいたが、増税が先送りされたためだ。いま保険料が半額(50%)に軽減されている最も低所得のグループのみ、軽減率を55%に拡大する。

65歳以上の介護保険料は市町村ごとに違う。いまは全国平均で月額4972円(基準額)だ。来年度は3年に一度の見直し時期。介護費は増え続け、全体として値上げは確実な情勢だ。

低所得者の保険料は、基準額より段階的に軽減する仕組みがある。対象者は約1千万人。消費増税分の財源から年1300億円を投じ、この軽減策を拡充する予定だった。
Category: 介護保険料
2014/12/30 Tue
 2007年から毎年つくっているおせち料理。今年もチャレンジしました。
 
 まず、買い出し。近所のスーパーと魚屋さんへ。去年のブログを見ながら、大慌てで買物。消費税の影響で、同じものでも去年より値段が上がっています。

 そして、近所の浜寺公園に松葉をとりにいきます。これは焼ぎんなんを刺すためのものですが、大きくて丈夫なのは浜寺公園の松です。

 そして2時間余り台所でゴソゴソ ガチャガチャ 完成。といってもできあいのものを多用している手抜きおせちですが。

 まず、全体。 遠くから見ると 本格おせち料理のようにみえませんか。


 壱の重

 紅白かまぼこ(私は切っただけですが)
 シシャモ明太子風サラダのかまぼこくるみ(出来合いのものをかまぼこの薄切りでくるんでとめたもの)
 焼ぎんなん(ぎんなんにさしてある松葉が浜寺公園の松です)
 黒豆(できあいの黒豆を少し加熱して栗の甘露煮を放り込むだけで輝きがましたように見えます)
 いくら醤油煮(まったくできあいのもの)
 ごぼうのたたき(できあいのやつを加熱してゴマをふりかけただけ)
 小鯛笹漬(できあいのものを小さく切っただけ)
 伊達巻((できあいのものを斬っただけ)

 弐の重

 エビの酒炒り(これは自分でやりました。有頭エビを背ワタをとって、酒、塩でさっと煮て赤くなったら火を止める)
 田作り(これも私がやりました。たれは砂糖をすくなめに、フライパンでごまめを炒めたあと、少量の油を加えるとくっつかずにパリパリになると、田舎の母から教わりました)
 棒だら甘煮(できあいのもの)
 シシャモ明太子風サラダ(できあいのもの)
 サーモンのなんとか(洋風のおつまみ。おいしそうだから切って入れてみた)
 高野豆腐(私が煮てつくりました。煮た後、クッキングペーパーに何度も載せて、水気をとります。だれにも教えてもらってませんが、多分、それでいいとおもいます)
 
 参の重


 数の子(出来合いのものを半分の長さに切って、鰹節をかけただけ)
 煮しめ(しいたけやれんこんや小いも、たけのこ、ニンジン煮しめる。これにきぬさやの塩ゆでを加える。きぬさやは切れ 込みをしっかり入れると見栄えがよい。生麩を乗せると彩りが出る)
 紅サケの塩焼き(小さめにカットしてグリルで焼く。小骨をしっかりとるのがめんどくさい)
 金目鯛の粕ツケ焼き(小さくカットして酒粕をおとしてグリルで焼く)
 きんぴら(できあいのもの。ゴマをふりかけただけ。はっきりいってこれは見栄えも悪くまずい。時間があれば自分で作りたい)
 鮭の昆布巻き(できあいのもの)

 以上、おっさんでも2時間でできる簡単 手抜きおせち料理です。
Category: 雑感・雑記
2014/12/30 Tue
 1年の締めくくりとして、私のサイト上の「日下部雅喜の講演・報告記録2014年1月~12月」をまとめてみた。

 去年(2013年)より16回多い、年間65回だった。とくに11月は11回と連チャン講師が相次いだ。
 
 何度も書いているが、私は決して話は分かりやすくもないし、面白くもない。人に感動を与える話もできない。
 しかし、どういうめぐりあわせか、2001年頃からあちこちから「講師」を依頼されるようになった。年間20回くらい講師をするようになって、最近では40回~50回程度が続いている。
  2002年からの日下部雅喜の講演・報告記録
 
 私の話しの大半は介護保険の「制度改悪」問題、そして、保険料問題である。まあ、確かに、介護保険制度の「解説」や「情報」を上手にお話しされる先生はたくさんいる。

 私に期待されているのは、「批判的」な説明のようである。
 国の政策を「批判」をするには、少しばかりの「勇気」がいる。それと、何よりも、高齢者ケアを含めて社会保障・社会福祉は国家の国民に対する責任だという「生存権保障」の思想的な立場がないと、どうしても圧倒的な「制度改正情報」にたじろいでしまう。
 あとは、政府・厚生労働省の主張や根拠をうのみにしないで、数値根拠も含めて疑ってかかること、でたらめな統計データや、何の意味もないやらせ調査のオンパレードである。
 そして、何よりも大切なことは、介護現場で必死に頑張っている介護関係者たちの実態を少しでも分かる努力をすること、さらに何よりも、わずかな介護を支えに生きている高齢者の実情や、介護保険を利用せず保険料だけを払っている高齢者の暮らしに思いをはせること。

 このくらいのことは浅学非才な木端役人の私でもできる。

 今年、講師活動をする機会が増えたのは、介護保険改悪の内容がかつてなくすさまじいものであったこと、それに対する「解説本」(2015『改正』介護保険)を9月に無理して出版したことによるものだろう。

 別に本職をもち、「余暇」で活動する身にとっては、土日を講師活動に、平日夜は諸活動にとなると、執筆や講師準備は睡眠時間を削るしかなくなる。おまけに、平日の活動の後はほとんど 飲みニュケーション であるから、ますます時間がなくなる。

 まあ、こんな私でも、介護保険改悪の問題点を 何十人何百人、そして今年は何千人もの人に語り続けたことで、政府厚生労働省に少しでも抵抗でき、制度改悪強行をいささかでも食い止め、緩和させる力に少しでもなったとしたら本望である。

 来年はいよいよ正念場、下手なりに、「介護保険を語る」ことに、頑張っていきたい。



 


Category: 雑感・雑記
2014/12/28 Sun
 私は、自分の朝食と 弁当は自分で作る主義である。これに便乗されて二人の子供たちの中学・高校時期の弁当も全てつくってきた。
 職場で昼休みに日刊「堺市職労ニュース」を全職員の机上に配布しなければならないので、昼食時間を節約するためにずーっと自分の弁当を作り続けてきた。大学卒業後東京で働いていた娘が、兵庫県の支店勤務になり、自宅から通勤している。職場の近辺に適当な食事ができる店が少ないというので、「また弁当作ってやろうか」というと、「うん。おねがい」というので、久しぶりに娘の弁当もつくることになった。「中味に文句は言うなよ」という条件で。
 
 ふと。思いついた。
  どうせ作るのなら、遊んでみよう。自分のは恥ずかしいから、娘の弁当作りで遊んでやれ、と「キャラ弁」にチャレンジすることにした。
 キャラ弁とは、ご存じ、キャラクターの顔などをご飯やおかずを使って作るお弁当のこと。 2007年くらいから話題になり始め、2014年現在ではブームの粋を出てお弁当の一ジャンルとして確立されているようにも見える。

 ということで11月からはじめたキャラ弁つくり。まあ、毎日はめんどくさいので、気の向いたときだけ。

とりあえず おにぎりと 茹で卵で「顔」をつくってみた



のりでまいたおにぎりで「くまもん」に挑戦。とろけるチーズを使ったので目と口が少し崩れた


リクエストにより バリーさん 


私の勤める堺市南区の ゆるキャラ「みみちゃん」。あまり似てないとのことで市議会議員の人からフェイスブックで「いいねは押せません」と言われた。


これは、がんばった「りらっくま」。そのわりにうまくできなかった


リクエストにより くまのぷーさん 表情が情けない



これもリクエストにより ぽんたくん 手がウインナーで不自然




11月は講師活動、執筆活動が忙しく しばし キャラ弁は中断。普通のおっさん弁当にもどる


12月半ば過ぎて 暇になったので 再開 まずは クリスマス風 といってもどこがサンタやねん と言われそう


キャラクターのトップスター ひこにゃんにチャレンジ 



京都のヘルパーさんからリクエスト 京都タワーのマスコットキャラ たわわちゃん 



まあ、こんな ぶさいく キャラ弁 ばかりだったが、25歳の娘は 文句を言わず つきあってくれている。

もう少し、うまくできるようになったら「ご当地キャラ」特集なんて作ってみたいなあ、とアホなことを考えている。
Category: 雑感・雑記
2014/12/22 Mon
 本日未明、書き上げた原稿の最後の締めくくり。 「2025年の介護保険制度の姿 」

 医療介護総合確保法は、社会保障改革の「短期改革」(消費税増税期)に対応したものである。今後「2025年」を目標に10年間に及ぶ「中長期改革」としてさらなる改革が予定されている。したがって、本章で見てきた医療介護総合確保法による介護保険制度改定もこれにとどまるものではない。今回の改定を足掛かりに、その対象範囲をさらに拡大した第2弾・第3弾の制度改定が狙われている。3年に一度の介護報酬改定はその機会となる。
 どのような姿の「2025年・介護保険制度」か。その方向性は、今回の制度改定の中に見ることができる。
 第1は、軽度者の保険給付からの除外である。今回の要支援1,2のサービスの一部の保険給付を廃止し、要介護1,2を特別養護老人ホーム入所から排除した。この延長線上には、さらに広範なサービスを要支援者から要介護1,2の「軽度者」を対象から除外していく制度改定である。最終目標は、「介護保険給付の対象を要介護3・4・5」に限定するというものであろう。これは、すでに2008年に財務省の財政制度等審議会(財政制度分科会財政構造改革部会)で財政効果試算がなされている[財務省(2008)]。軽度者の生活支援や介護は、自助(自費サービス、家族)、近隣や住民主体の「互助サービス」に委ねられていくことになる。今回の新総合事業の「住民主体のサービス」はその原型である。
 第2は、利用者負担のさらなる引上げである。今回の2割負担導入は、「負担可能な一定以上の所得」という線引きを可能とした。負担可能な根拠もペテン的なものであった。今回の「合計所得160万円」という基準が今後の改定で、引き下げられ、さらに多くの層が2割負担へと拡大していくことが狙われている。これも最終目標は、「負担は原則2割」であろう。医療の自己負担は2014年度からすでに70歳~74歳は2割の負担となったことを見ても、中長期的な狙いが浮かび上がってくる。
 第3は、低所得の施設利用者の補足給付(食費・部屋代補助)の廃止である。厚生労働省は、補足給付について「福祉的・経過的措置」であり、居住費(滞在費)と食費は「自己負担が原則」と強弁している。今回の要件厳格化を手始めにさらなる対象の縮小、そして最終的には、全廃へのすすんでいくことになる。介護保険施設(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設)以外の「居住」サービスの全てが部屋代・食費が完全自己負担であること、サービス付き高齢者住宅も同様であることを考えればその方向性は明白である。
 まとめて表現すれば、①要介護3以上でないと介護保険サービスは利用できず、②利用すれば2割の自己負担 ③低所得者でも食費・部屋代は全額自己負担 という介護保険制度である。一方で、介護保険料は、少なくとも現在の1.6倍以上を徴収される。まさに、「保険料あって介護なし」である。 
2025年に向かって、介護保険制度を「持続可能」とするために、「給付の重点化・効率化」、「負担の適正化」を推し進めれば、介護保険の給付は制度的・経済的に利用が縮小し、介護の公費支出は削減することはできる。しかし、在宅サービスも施設サービスもその範囲を大きく縮小すれは、地域の介護基盤はまったく整備されない。地域状況からみても「住民主体の互助」がそれにとってかわることなど現実にはあり得ない。こうして、政府が目標とする「地域包括ケアシステム」はその基盤さえ確保できず絵空事に終わる。
高齢化率30%を超え、後期高齢者が多数となり、単身高齢者、老老世帯が半数以上を占めるような地域でそのような「介護保険制度」が維持されたとしても、意味がない。
そのような道を歩まないためにも、医療介護総合確保法に基づく医療・介護の「改革」は中止させなければならない。
Category: 介護保険見直し
2014/12/07 Sun
介護保険料に怒る一揆の会の15年のたたかいから生まれた 本「介護保険は詐欺である」を三一書房から発刊!


ご注文は アマゾンで 

私の まえがき と 目次 そして あとがき です。

この本を書くにあたって  これは国家的な詐欺だ

「介護保険料に異議あり!」と叫んで大阪の高齢者たちはもう15年闘い続けている。そして、私はその高齢者の闘いに共感し「介護保険料に怒る一揆の会」に参加した。私の本業は木っ端役人、地方公務員である。大阪のある区役所の窓口で介護保険料を担当している。仕事中は介護保険制度を「説明」し、プライベートな時間では高齢者とともに「介護保険料に怒る」。こんな生活を13年続けてきた。どっちが本音か。もちろん「介護保険料に怒る」が本音だ。
介護保険制度は2000年4月スタートした。すべての人が40歳になれば知らないうちに健康保険料と一緒に「介護保険料」を取られ、65歳以上の人はさらに高額な「介護保険料」を年金から勝手に天引きされる。しかし、多くの人たちは、この介護保険制度の本当の姿を知らないまま、保険料だけを払い続けている。
私は、高齢者とともに闘いながら、行政の末端で介護保険の実情も見てきた。介護保険制度を知れば知るほど、「これは国家的な詐欺だ」との思いを強くした。
介護保険は健康でふつうに生活している人には無縁で、しかも制度は、複雑で分かりにくい。
大阪の「介護保険料一揆」の14年の闘いを通じて私たちが分かった「介護保険のインチキ」について明らかにし、これからの介護保障のあり方について考えるのがこの本の目的である。
大阪・介護保険料に怒る一揆の会 事務局長  日下部雅喜

目次

 プロローグ
第1章 介護保険料のインチキ
1 介護保険料 なぜ こんなに高い
2 年金ドロボー
3 滞納者には過酷な制裁措置
4 介護保険料への「個人的抵抗」手段を考える
5 介護保険料と介護保険財政 のしくみ
第2章 介護保険は老後を守っているか
1 なかなか使えない介護保険
2 これが介護の実態だ
第3章 ますます使えなくなる? 介護保険 さらに悪質な詐欺
1 消費税増税とセットの見直し
2 介護保険4大改悪
3 さらに中長期改悪へ-2025年を目標に
第4章 これでいいのか介護保険 払うものの「権利」行使を
1 集団不服審査請求は「現代の一揆」
2 介護保険料は憲法違反
3 「不服審査請求」と「対行政闘争」は車の両輪
エピローグ 介護保険料は「廃止」するしかない
あとがき


私の活動の原点-憲法遵守を誓った公務員として
 「現職の公務員で介護保険料徴収の仕事をしているあなたがなぜ、『介護後保険料一揆の会』の活動をするのか?」-よく聞かれる質問である。
 私の答えは「公務員に採用された時『主権が国民に存する日本国憲法を遵守する』と誓ったから」の一言である。
 年金が月数万円、つつましく公営住宅で1人暮らしをしている高齢者から数千円もの介護保険料を取り立てる-これはどう考えても憲法25条の生存権保障に反する。でも仕事である以上やらざるを得ない。日々、高齢者の怨嗟と怒りと悲鳴の声を聞く。「これでいいのか」と自問自答する。私は自治体当局に雇用されているが「良心」までは売っていない。仕事以外の時間では良心の自由に従って、介護保険制度の問題点と介護保険料の違憲性を堂々と告発しよう。これが介護保険料の年金天引きが始まった2000年10月、囂々たる高齢者の抗議の声を前にして決意した道である。
時同じくして、自治体労働運動の大先輩である故福井宥さん(元大阪府職労委員長)がたった1人で介護保険料不服審査請求運動を始め、自ら原告となり大阪地裁に訴えたとき、私は迷わず行動を共にさせて頂いた。福井さんは「介護保険料に怒る一揆の会」代表として、そして私は「介護保険料に一揆に連帯する木っ端役人の会」代表として。集団不服審査請求運動は、大阪だけで1000人以上の規模になった。それから3年、2003年8月福井さんは肺ガンを煩われ志半ばで亡くなられた。介護保険料裁判の結末も見ないまま、人生の最後の日まで原告として闘いを貫かれた。
 私がその直後の「一揆の会」総会で事務局長を引き受けたのは、「高齢者の自発的な運動を支えるためにもあんたら現役がしっかりせないかん」との福井さんの一言が耳に焼き付いていたためだ。
 介護保険大改悪の中で介護保険料一揆はますその意義を増している。公務員でありながらこの歴史的な闘いに参加できていることは私の人生の大きな誇りである。
日下部雅喜 (大阪・介護保険料に怒る一揆の会事務局長、介護保険料一揆に連帯する木っ端役人の会代表)  

 なお、この本の印税収入(わずかですが)は、すべて介護保険料に怒る一揆の会の収入となります。 
Category: 介護保険料
2014/12/04 Thu
 12月4日午後、大阪グリーン会館で「介護保険料に怒る一揆の会第14回総会」が開かれた。
 
第1部は学習会。「今こそ一揆の会の出番!制度改悪と保険料引上げ許さない大運動を大阪から巻き起こそう」と題して私、日下部雅喜が1時間お話しさせていただいた。
第2部は一揆の会第14回総会。  
宮崎守正代表のあいさつ




     
 経過報告は藤原事務局次長


会計報告、活動方針提案を受け、質疑討論では「審査請求の口頭意見陳述では、会場の周辺を取り囲むような行動ができないか」「大阪市に対してもっとたたかいを強化すべき」など積極的な発言が相次いだ。

 会場では、本日発販売の「介護保険料は詐欺である」も三一書房の編集者の方が持ち込まれたが、あっという間に完売。

 15年に及びたたかいをさらに発展させることを決意した。
 
総会アピールは高山世話人が提案し全員の拍手で採択された。

     

総会アピール

本日私たちは、2014年度の総会を開催しました。

この総会は、12月14日投票の総選挙の真っただ中で開催されました。社会保障改悪と消費税増税をはじめ、秘密保護法強行、集団的自衛権行使閣議決定、原発再稼働・沖縄辺野古への米軍新基地建設、など、暴走を続ける自公政権に厳しい審判を下さなければなりません。安倍暴走政治を打倒する絶好のチャンスであり、とりわけ政府による高齢者の生活破壊が続く中、高齢者自らがたたかうときでもあります。

今、社会保障の総改悪は、年金・医療・介護など高齢者を中心に連続して行われようとしています。とくに、介護保険は制度始まって以来の大改悪で、サービス切捨てと負担増の一方、来年度からの第6期介護保険料は、大幅な引上げが狙われています。まさに、私たちが指摘した「保険料あって介護なし」が現実の問題となってきています。

私たちが、14年前に介護保険料で呼びかけた「現代の一揆」=集団不服審査請求運動が、今や社会保障改悪に抵抗する行動形態として広がり、生活保護費引下げに反対する全国1万人以上の審査請求に続き、年金の連続引下げに対する全国12万人以上の審査請求が昨年から今年にかけて取組まれました。

安倍政権による国民生活と平和・民主主義破壊に対する国民の反撃は、11月の沖縄県知事選挙に象徴されるように新たな共同の展望を開きつつあります。
また、大阪での運動はこの間、橋下・維新の会の「大阪都構想」を破たんに追い込み、地下鉄民営化案の議会での否決、一連の労組敵視・職場支配を司法の場でも断罪させるなど、維新政治を打ち破る局面に入っています。

今こそ、社会保障改悪と安倍政権への怒りを、具体的な運動へと結びつけていくことが求められており、私たちのたたかいはかつてなく重要になっています。
本日の総会を機に、豊かで安心できる老後の保障を目指す運動をいっそう強化することを決意し、大阪府内のすべての皆さんに社会保障改悪に反対し、命と暮らしをまもる壮大な共同行動をよびかけるものです。
2014年12月4日
介護保険料に怒る一揆の会 第14回定期総会


閉会あいさつは足立世話人。
Category: 介護保険料

プロフィール

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索