2011/03/13 Sun
 ヘルパーの集いin大阪 は 135人以上のヘルパーの参加で大成功。
Image543.jpg


 午前中の記念講演は、八戸大学人間健康学部・准教授の篠崎良勝先生の「ヘルパーの専門性はどこにあるのか!?ヘルパーの医療行為の問題から考える」。

 介護保険法等の「改正」法案の中で、たんの吸引と経管栄養の管理といった医療行為が介護職員に「解禁」される動きの中で、介護職員の経年的な調査結果を踏まえて、実に興味深いをお話をされた。

 東北の大震災に被災され、自宅の電気・ガス・水道も止まるという状況にもかかわらず、はるばる大阪まで来ていただいた篠崎先生に、参加したヘルパーからは大きな拍手が送られ、会場では、「東北の大震災の被害者支援の緊急カンパ」が取り組まれ、約6万円が集約された。
Image542.jpg


 午後からは4つの分科会が行われ、私は第4分科会「どうなる介護保険・どうする?ヘルパーの仕事」で助言者をつとめさせていただいた。

 集いで採択された 「アピール」




「ヘルパーのつどい」アピール
 
 ホームヘルパーが高齢者の暮らしを支える専門の仕事を担っていることをアピールすると共に「高齢者の尊厳」「家族が安心して介護の支援を受けられる公的責任」「ヘルパーが明日も笑顔で働くことのできる労働条件の確立、身分保障を」訴えます!

私たちホームヘルパーは介護の仕事の現場で一番身近に高齢者の暮らしに寄り添っています。介護保険で誰もが安心して暮らせる状況になったでしょうか。
それにしては、あまりにも介護にまつわる事件が続き、「介護殺人」や「介護心中」など哀しい事件が社会問題になっています。
また「老老介護」「認認介護」と地域で暮らす利用者さんの支援もヘルパーが細切れの時間の中で、専門的な知識や工夫で支援しないといけない大変なケースが増えています。
介護をされている家族はどうでしょうか、介護で仕事を辞めなければいけない、無理をして仕事を続けているが介護にかかる費用は自費などで支払わないと介護保険の枠内だけでは実際の介護は無理。夜は毎日、介護のために実家に帰っている。介護に追われて家族との時間も過ごせないなど、ぎりぎりの状況で介護をしている家族の実態があります。

そんな介護の実態の中で、介護保険の改定が進められようとしていますが、ヘルパーにとって見過ごすことができない大きな問題があります。
一つめは、要支援の人のサービスが切り捨てられる仕組みが導入されようとしていることです。市町村の判断で「生活支援総合事業」に置き換えられ、介護保険給付から外す仕組みです。
二つめは、「24時間定期巡回・随時対応型サービス」です。このサービスは、コスト優先の短時間細切れ訪問で、在宅生活を本当に支えられるか疑問です。問題は、このサービスが私たち訪問介護のヘルパーの仕事を奪う口実にされかねないことです。
三つめは、医療行為問題です。たん吸引・経管栄養管理などの医療ケアは私たち介護職が担うべきものでしょうか。これ以上、現場できつい労働実態の中、知識の乏しい医療の分野を担い、安心して介護の現場で働き続けられるでしょうか。
 
ヘルパーは労働者としての権利も充分に保障されていません。そんな中、黙っていれば、私たちの介護の専門性は奪われ、働き続けられるか不安な状況になるでしょう。これからますます必要になる高齢者の生活を支える大事な仕事を守るためにも、私たちの後ろにいるたくさんの利用者さん、家族の声を代弁して、今日のヘルパーのつどいの参加者が声を上げましょう。介護保険の改定が現場抜きにならずに、「高齢者の尊厳」と「利用者本位に支援が受けられる」が守られるために、私たち、介護で働く仲間が希望を持って働き続けることができるように。
 多くの利用者、家族、介護の仕事に従事している仲間とつながり、学び、「誰もが安心して暮らせる」介護保険の実現のために声を上げましょう!

 2011・3・13 ホームヘルパーのつどいin大阪
スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し

思安庭 >>URL

参加できて良かったです!

有意義な1日をありがとうございました。篠崎先生には 大変な状況の中 来て頂き、楽しくて分かりやすい話を時間ギリギリまで して下さり、本当に感謝します(もっと聞きたかったです)。
分科会では…(日下部さんのお話は聞けませんでした。残念です)…「利用者さんを主体とした支援ができない今の制度」へのジレンマを感じてるヘルパーさんが多くおられました。ヘルパー(特に登録ヘルパーは…)1人では難しいけれど、お互いに実態や実践を出し合い、繋がって、声をあげていくことが必要だと 強く思いました。実行委員会の方々 お疲れ様でした。

Edit | 2011/03/14(Mon) 00:01:25

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき) >>URL

参加いただきありがとうございます

参加感謝します。
今回の集いはヘルパーによる実行委員会主催でしたので、いろいろ不備はありましたが、メイン講師が震災を乗り越えて駆けつけていただいたこともあり、とてもよい集いになったと思っています。

Edit | 2011/03/14(Mon) 06:07:52

 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索