2011/03/18 Fri
観測史上最大規模の地震、そして戦後最悪の被害をもたらした大津波、さらに原発事故による放射能汚染の危険。

これらは、自力で日常生活を送ることが困難な要介護者、障がい者の方々にも情け容赦なく襲いかかる。

避難できず命を落とした方々、自宅・施設・病院に置き去りにされた方々、避難所で十分なケアや健康管理をなされず衰弱し、なくなっていく方々。

被災地に容易に入れない支援者、被災地周辺では、燃料不足で 送迎できないデイサービス、訪問できないヘルパーも続出している。

厚生労働省は、震災発生当日から「通知」(事務連絡)を出しまくっている。

高齢者、障害者等の要援護者の緊急的対応について

東北地方太平洋沖地震により被災した要援護者への対応及びこれに伴う特例措置等について(課長通知)

3月11日に東北地方を中心として発生した地震並びに津波により被災した要介護者等への対応について

東北地方太平洋沖地震の被災者に係る被保険者証の提示等について

 東北地方太平洋沖地震及び長野県北部の地震における転入者に係る被保険者資格の認定等について

東北地方太平洋沖地震及び長野県北部の地震による被災者に係る利用料等の取扱いについて

ほかにも多くの通知が発出されている。

被保険者証なしでサービス受領可、避難所でも避難先旅館でもサービス提供可、保険料賦課猶予、利用料猶予など当たり前のことばかりだが、介護保険は、未曾有の大災害の際にいちいちこんなことを厚労省が通知しないと融通がきかない制度なのか、と言いたくなる。

 災害により、「保険者機能」も一時的に失われている自治体、サービス提供事業者も身動きが取れなくなっている地域、そして何より、壊滅した施設の利用者、置き去りにされた要介護者のいのちを救うための支援がすぐに開始されるべきである。
 
 通知の乱発でなく、大規模な人材と設備、資金と施設を投入した施策が一刻も早く打ち出されることを望む。

 全国の介護現場の人びと、そして自治体の職員だって、すぐさま応じてくれると思う。
 

スポンサーサイト
Category: 時局争論
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索