2011/03/28 Mon
 昨年、堺市でおきたケアマネジャーの利用者宅訪問中の死亡事件。警察は、一緒に死亡した利用者を殺人容疑で書類送検した。
 (事件については 「尊い犠牲」参照)

以下、報道内容
 死亡の男が硫化水素で殺害容疑 
 去年10月、堺市の集合住宅の一室が焼け2人が死亡した火事で火元の部屋に住んでいた男が、訪ねてきたケアマネージャーの80歳の男性に硫化水素を吸わせて殺害した疑いが強まったとして警察は、容疑者死亡のまま書類送検しました。
 去年10月22日、堺市中区小阪の住宅から火が出て焼け跡から2人の遺体が見つかりました。
その後の調べで警察は、死亡した、この部屋に住む濱田武・容疑者(69)が、訪ねてきたケアマネージャーの豊田康弘さん(80)に硫化水素をすわせて殺害した疑いが強まったとして容疑者死亡のまま書類送検しました。
部屋には硫化水素を発生させる薬品を混ぜたポリタンクがありそこから豊田さんがいた部屋にホースが引き込まれ扉に細工がされて外に出られないようになっていたということです。
濱田容疑者は、数年前から介護を受けていましたが、日ごろから苦情を言って担当を何度も変えさせていて、火事の前には知り合いに「硫化水素で人を殺す」などと話していたということで、警察が詳しいいきさつを調べています。(03月23日 23時05分 NHKニュース


 この報道の中の「数年前から介護を受けていましたが、日ごろから苦情を言って担当を何度も変えさせ」という部分が、ケアマネジャーの中にさまざまな反響をよんでいる。

 この事件を契機に、行われたケアマネジャー対象に行われたアンケートでは、次のような結果だった。

「利用者の言動により、ケアマネジャーやサービス提供者が身の危険を感じたり、精神的苦痛を感じるようなケースを担当されていますか?」
 現在担当している                30%
 現在は担当していないが過去に担当したことがある 40%
 担当したことはない               30%

「利用者の言動について」
 暴言     44%
 暴力     13%
 セクハラ行為 24%
 その他    19% 

 「相談するところはありますか?」
 相談している  88%
 相談していない 12%

 「相談先について」
 行政機関       15%
 地域包括支援センター 25%
 在宅介護支援センター  7%
 同じ事業所のケアマネ 35%
 他の事業所のケアマネ  5%
 その他        13%
 

 意見記載欄には、今回の事件について、「どういった経緯があっての事件なのか、詳細を知りたい」との意見が多数寄せられていた。
 また、「ケアマネジャーが重い責任をおわされているのでは、と感じる」という声もあった。

・「あらためてケアマネジャーの孤独感が浮き彫りになった事件だと思う。決してまれなケースではないと感じた。『最後はケアマネ』と世間的に思われており、ケアマネジャーが重い責任をおわされているのでは、と感じる」
・「困難ケースなど、行政、保健所、地域包括と話しても解決がえられず、自分の中で解決している。反対にサービス事業所やケースワーカーから相談され、ケアマネジャーが保護者的に利用者の生活のすべての要となってしまっている。主治医や精神科医にも相談するが、解決できない。いろいろと相談して理解してもらっているが、365日利用者と対応しているような精神的負担を感じることが多い。行政のケースワーカーにも、もっとしっかりしてほしいと思う」
・「人の人生を左右するケアマネとしての役割は重みがある。しかし、命を落としてまでもかかわらなくてはならないとは、残念である」


 さらに、行政や地域包括支援センターに対し、相談・連携を含め、今後の対応策の強化を求める声も多く見られた。
一部を紹介すると
「・ケアマネの事業所(とくに少人数の)は、今回のような場合、組織としての対応ができず一人で悩むことが多いと思う。結果として、地域包括支援センター、介護保険課や警察署との連携が充分できないまま、最悪の結果になってしまったのは非常に残念。今回の事件を無駄にしないため、対策を考えてほしい。
・暴力行為などで、ヘルパーやサービス提供者に危険をおよぼす可能性があると判断した場合、包括や行政などへ相談し、かかわってもらい、サービスを中止することも可能だが、ケアマネジャーについては訪問を拒否することはできない。また、ヘルパーは危険が予測される場合、二人介助が認められるが、ケアマネジャーが二人で訪問することは事業所判断で行われる場合もあるが、二人分請求することはできない。そのような問題のあるプランについては、行政や包括で担当することはできないものだろうか。同じケアマネジャーとして、今後このようなことが再発しないように、制度的に考慮してほしい。」
 
 

 尊い犠牲を犠牲をどう生かすか、今後の対応が問われると思う。
  
 
スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し
 
 
 
 
 
 
 
 

| -

管理人の承認後に表示されます

2011/03/29 20:51:44(Tue)

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索