2011/07/03 Sun
 「『大阪都』から堺市を守る相談会」。

 ようやく、今月、堺市に関係する皆さんが立場を超えて集まる場が開けそうである。

 話題になったのは、堺市の竹山市長と橋下大阪府知事の関係。

 6月23日の報道
 大阪都構想:橋下・大阪府知事「堺市長とは絶縁だ」 
 橋下徹大阪府知事は22日夜、自らが率いる首長政党「大阪維新の会」の所属議員を集めた会合で、竹山修身堺市長について「(大阪市の)平松邦夫市長と同じ扱いにする。国交断絶状態、絶縁だ。戦闘モードに入る」と宣言した。出席者が明らかにした。橋下知事は09年の堺市長選で元部下の竹山氏を全面支援したが、竹山氏は「大阪都構想」に否定的な発言を繰り返していた。
 終了後、橋下知事は報道陣に、所属議員から竹山市長と距離を置くよう要請されたことを明らかにし、「政治的には距離を置かざるを得ない。一線を画す」と述べた。来週予定されている竹山市長を中心とした府南部の首長との懇親会も欠席するという。【小林慎】(毎日新聞 2011年6月23日)


 ここまで 言われりゃ わが市長、どうする。

 みんなが期待したのは、「いくら選挙で世話になった橋下知事でも、絶縁だ、戦闘モードだ とまで言われるなら、オレも 堺市の市長だ。堺市民とともに 堺市を守るため たたかいます」
 という態度だった。

 しかし、竹山氏の態度は、こんなものだった。
橋下知事の絶縁宣言 堺市長「ボクはしません」 
 大阪都構想をめぐって大阪府の橋下徹知事から“絶縁宣言”をされた堺市の竹山修身市長は23日、堺市役所で記者会見し、「ぼくは絶縁しません。知事とは自然体で(対応する)」と述べて“ケンカ別れ”を否定した。
 竹山市長によると、市長の携帯電話に外遊前ごろ、橋下知事から留守番電話にメッセージがあった。竹山市長が呼びかけ、7月8日に開かれる泉州地域の首長懇親会への参加について「政治的立場が違うので、出席を見合わせる」との内容だったという。 竹山市長も橋下知事の携帯の留守番電話に「(欠席は)残念です。しかし、改革への思いは知事と一緒です」とメッセージを吹き込んだという。 一方、都構想の区長公選制について竹山市長は「堺市では考え方が異なる」と述べ、公選制への反対は変わらないことを強調した。(産経新聞 6月24日(金)0時55分配信)
 

 相手が「絶交だ」といっているのに、何を未練たらしい。

 堺市を3分割し、政令指定都市から、「特別区」に解体するような 構想をぶち上げ、竹山市長が 賛同しないと見ると、「絶縁だ」「戦闘モードだ」と どう喝を繰り返す。

 これは、竹山市長のみならず、堺市と堺市民全体に対する侮辱であり、どう喝である。

 このなさけない 市長が毅然とするまで、『大阪都』構想から 堺市を守る この一点での共同を広げることである。
 よみがえれ 堺の 自由と自治の伝統。
スポンサーサイト
Category: 堺市政問題
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索