2011/07/08 Fri
 北海道民医連の「友の会」役員研修会の講師に招かれた。
 日程が詰まっているので、「日帰り」での参加となった。

テーマは「地域をどう変えるか」。

主催者からは、「介護保険改定や社会保障改革に抗して、『地域をどう変えていくか』をお話いただきます」と案内があった。

 とてつもなく難しいテーマで本当に苦労した。

 厚労省の「地域包括ケア」構想や、介護保険改定では、お気楽に、自助・互助・共助・公助の組み合わせと、定期巡回・随時対応型サービスで、「24時間365日」の生活支援が可能などと言っているが、そんな簡単なものでない。

 過疎と「限界集落」、高度経済成長時期の都市部への労働力集中、人工都市ともいえる「ニュータウン」、地縁血縁社会の崩壊など、この国の「地域」は、高齢化のなかで実に様々な問題を抱えている。

 決して自助・互助のレベルでは解決できない、民医連の共同組織が地域で果たす役割はとてつもなく大きい。

 そんな話を私になりにお話しさせていただいた。
スポンサーサイト
Category: 社会保障問題
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索