2011/07/14 Thu
 7月14日午前、介護保険料に怒る一揆の会は、年金者組合大阪府本部、全大阪生活と健康を守る会連合会と共同で大阪府に対し、介護保険財政安定化基金の取り崩しと介護保険料軽減に関する要求 を提出した。

 大阪府では、195億円にのぼる介護保険財政安定化基金がため込まれているが、近年は、府内の市町村の介護保険財政が給付抑制と制度改悪の影響で、黒字化したため、まったく運用されず、埋蔵金と化している。

 介護保険法「改正」が行われ、2012年度に財政安定化基金の取り崩しが行われることになった。
 一揆の会では、3年前から、「埋蔵金」と化している財政安定化基金を取り崩し介護保険料軽減に充てるよう求めてきましたが、法改正により、ようやく可能となったわけである。
 厚生労働省は、具体的な取り崩しの範囲については「都道府県の裁量」としていることから、大阪府に対し、財政安定化基金の取り崩しと介護保険料軽減について要求を提出した。

要求項目

1 大阪府に積み立てられている財政安定化基金は全額取り崩すこと

2 市町村拠出分については直ちに保険料軽減財源として市町村に返還するこ
  と
3 大阪府拠出分については、保険料軽減に充てることとし、府内市町村に交
付すること

4 国拠出分についても、保険料軽減に充当するよう大阪府として国に求める
こと

5 府内市町村が積み上げている介護給付費準備基金について、第4期末には全額取り崩して高齢者に還元するよう大阪府として積極的に指導を行うこと  


 さらに、取り崩し額をめぐって、下記の質問書も提出した。

質問事項

1 大阪府の財政安定化基金の積み立て及び運用の経過について明らかにしてください

2 これまで貸付・交付を行った市町村の介護保険特別会計の状況について明らかにしてください

3 第4期の各市町村の介護保険特別会計の状況について大阪府として把握している状況を明らかにしてください

4 財政安定化基金の取り扱いについてのこれまでの検討状況及び今後の予定を明らかにしてください

5 財政安定化基金及び第5期介護保険事業計画について、これまで厚生労働省からの情報提供、指導助言の内容について明らかにしてください


 応対した大阪府介護支援課は、「法律が成立したばかりでこれから検討するとこと」として、時期は明確にしなかったものの、回答するとした。
スポンサーサイト
Category: 介護保険料
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索