2011/08/06 Sat
  11年前に結成された「介護保険料に怒る一揆の会」も世話人の大半が 75歳以上の「後期高齢者」となった。

 介護保険料は納得できない! と 介護保険料違憲訴訟や 毎年 不服審査請求 を取り組んできた。

 しかし、みんな10年以上介護保険料を取られ続けてきた。

 老後の安心、居場所は 今後どうなるのか

 今回は、一揆の会として、特別養護老人ホーム見学会を 取り組んだ。

 受け入れていただいたのは、吹田市の 特別養護老人ホームいのこの里

 「誰もが入りたくなる特別養護老人ホームを」を合言葉に、住民運動によって11年前に開設した施設。

 「こだわるのは普通の生活」。

 施設長のご案内で、施設を見学させていただいた後、説明、質疑応答。

 80人の入居者のうち、胃ろうなど医療的ケアが必要な人が19人。施設での看取りも取り組みながら、「普通の生活」をめざす。
 職員集団のレベルの高さと ケアにとりくむ姿勢に 大いに感心。


 一揆の会メンバーの感想は 「ワシもこんなことやったら入りたい」。

 さらに、同じ法人が運営する高齢者向け優良賃貸住宅「さくら苑」も見学させていただく。1階が保育所で2~3階が賃貸住宅。
 入居者による自治会による管理、民主的にそして共同で暮らす 安心のすまい。
 入居者のご厚意で居室の中も見せていただく。
 
 ここでも一揆の会の参加者は「こんないいとこ見たら今夜寝られへんわ」と感動。

 一揆の会の 世話人メンバーはみな元気だが、家族に要介護者がいる方もおり、今後、介護不安、老後不安はいよいよ真剣な課題。

 これまでの「たたかう一揆の会」から、さらに 一歩幅広く、奥の深い 高齢者運動をめざす時期に来ているかもしれない。


スポンサーサイト
Category: 介護保険料
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索