2011/08/13 Sat
 8月10日に開かれた第78回社会保障審議会介護給付費分科会。時期報酬改定への論点提示とともに、、「特別養護老人ホームにおける入所申込の実態に関する調査研究」の結果概要が説明されたという。

 その報道で気になるところは、「厚生労働省の全国調査の入所申込者数42.1万人にあわせて示せば、ただちに入所が必要だが入所できない人が4万人」という報告者の説明である。

 利用者側としては、『真に入所が必要な人が4万人』という数字が一人歩きしないか不安」と認知症の人と家族の会の勝田登志子さんが同分科会で発言したように、あたかも、この「研究結果」によって、特養入所申込者の9割は実際は特養入所が必要ないかのように描き出されるキケンがある。

 『 特別養護老人ホームにおける入所申込の実態に関する調査研究 』報告書 は、全国592施設からの回答を分析したものだが、

 その内容は、「優先して入所させるべき」と考える人(入所申込者の中で、ベッドの空き状況や待機状況に関係なく、施設が優先して入所させるべきと考える人)が10.8%であったというものである。
 その条件のトップは「介護放棄、虐待などの疑いがある」( 71.3%)と極めて深刻な、一歩間違えば 本人の生命身体の危険があり、本来「措置入所」の対象となるような方である。
 他にも「介護者が不在、1人暮らし」、「施設、病院から退所、退院を迫られている」「家族が入所の必要性を強く訴えている」「認知症による常時徘徊などの周辺症状がある」など、一刻も放置できない入所待機者ばかりである。

 また、施設から見た「入所の必要性」では、
「入所申込者調査において、入所を待てる期間から判断される入所の必要性を調査したところ、「現在の
生活は困難であり、すぐにでも入所が必要」が11.3%、「入所の必要はあるが、最大1 年程度現在の生活
の継続が可能」が28.2% 」という結果である。


 ここから、政府や御用学者たちは、「特養入所待機者42万人は過大な数字」と、施設整備の必要性を低く描き出そうとする。

 しかし、2009年度に厚労省が集計した数字は、全国47県のうち14府県は、集計方法が異なり、例えば、大阪府は「老健施設入所者などは除外」、和歌山県などは「要介護3以上のみ集計」ともともと、「過少集計」の府県を含んでいる。

 もともと、集計規模も方法も次元がちがう厚労省集計42万人待機者と、今回の523施設調査の「研究結果」をつなぎ合わせて「特養の緊急入所必要者は申込者の10分の1」と結論づけるのはあまりにも乱暴な数字合わせというものである。
 
 確かに、現状の在宅介護の困難性から、「早めに特養申込」はある程度あることは事実であろうが、だからといって、入所申込者42万人のうち多数は必要性が低い と決めつけるのは 極めて危険である。

 膨大な施設入所待機者、潜在的な「介護難民」の存在は、こんな事態も生み出している。


 朝日新聞報道
 認知症高齢者ら賃貸マンションに閉じ込め? 堺市が調査
 堺市内に、認知症や寝たきりの高齢者がまとまって住む賃貸マンションがあることが、堺市の調査でわかった。ロープが張り巡らされた非常階段、テープで封じられた集合ポスト。住人らは外との交流を制限された状態で暮らしてきたという。市は12日、実態を調べるため立ち入り調査した。

 この建物は堺区内にある5階建てマンション(14室)。市によると、認知症や寝たきりの状態にある65歳以上の11人が住み、うち70~80代の男女4人は生活保護を受けている。
 1階には大阪市内の訪問介護業者が訪問介護ステーションとして入り、建物内で食事や入浴、排泄(はいせつ)などの介助サービスをしている。2007年に高齢者の居宅を訪ねる訪問介護事業者の指定を府から受けているが、有料老人ホームとしての届け出はない。
 市はこれまでに、生活保護を受けている4人の調査を実施。もとは脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞、圧迫骨折で入院するなどしていたが、頼れる親族らがなく、08年から今年にかけて移ってきたという。1カ月の家賃は3万8千円。通帳を管理された人や、ドアの鍵をもらえず、オートロック式の1階共同玄関を自由に出入りできない人も複数いた。
 マンション各室のドアは、部屋の中から開けられない錠が外から取り付けられていたが、鍵は入居者に渡されていなかった。


 
 
 この手の「高齢者住宅」は、大阪府内では決して珍しくない。こうした「介護難民」を当てにした「貧困ビジネス」の横行の現実に目を向けず、「数字遊び」の議論をしているひまは厚労省にも社保審・介護給付費分科会にはないはずである。 
 
 

 
スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索