2011/08/26 Fri
 たぶんのこの人が 「改正」介護保険 ブックレット の 完読者 第一号であろう。

 泉大津市の市会議員ただち恵子さん。10年ほど前から、介護保険料裁判を始めたころからのお付き合いである。当時から介護保険にとても熱心に取り組んでおられ、たぶんの市の介護保険課長よりも介護保険を良く勉強しておられた。
 介護保険料裁判のさなかに 減免制度のなかった泉大津市で、当時としては大阪府内で最高水準の減免を制度化させるときも尽力された。また、泉大津市の介護保険料は今でも大阪府内で一番安い水準である。

 ただち恵子さんのブログ 「改正介護保険 緊急解説」。

 ブックレットを読まれての感想の
「厚労省というのは、なんと国民をだます悪知恵が働くのだろう!これまでの制度改悪も、一見、高齢者や家族の切実な願いに応えるかのような「言葉」をちりばめて、実は負担を増やしたり必要なサービスを取り上げたり、あるいは施設から追い出したりしてきた。」

さすがは ただち恵子さん。打てば響くような感想である。今回の介護保険見直しの本質を鋭く突き、しかも私がこのブックレットで知らせたかったことを ずばりと書いておられる。

 こんな議員さんが、各自治体に一人ずつおられたら、第5期介護保険事業計画をめぐる地域での運動はもっともっとすすむだろう。
スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索