2011/09/29 Thu
DSC08801.jpg

 「大阪市は、この介護保険料をどうするつもりなのか!」

 高齢者の怒りの追及が続いた。 9月29日午後、介護保険料に怒る一揆の会、年金者組合大阪府部、全大阪生活と健康守る会連合会の合同の 「介護保険 大阪市交渉」が行われた。

 介護保険料について、われわれの要求は

1.介護保険料について
①介護保険料を引き下げること。給付見込み額に不足が生じる場合は、一般会計から
繰り入れ、高齢者の保険料負担が増えないようにすること。


大阪市の回答は

(回答)
・ 介護保険給付に必要な費用については、50%を公費(国25%・府12.5%・市12.5%)で負担し、残りの50%を保険料にて賄うこととなっており、それぞれの費用負担が法令により定められていることから、仮に給付見込み額に不足が生じた場合であっても一般会計からの繰り入れはできないこととなっております。
・ そのため、本市においては、介護保険財政が安定的に運営できるよう介護保険事業計画において、精緻に給付費を見込むこととしております。


 一般会計からの繰り入れができない、という説明をするだけで、第5期の介護保険料について、上げるのか、軽減への努力をするのか いっさい 答えない。


さらに、73億円に上る「とりすぎ保険料」(介護保険給付費準備基金)について

⑦介護給付費準備基金残高については、全額被保険者に還元すること。
と要求しても

大阪市の回答は

(回答)
・介護保険事業の運営により生じた剰余金については、介護給付費準備基金を設置して適切に管理しているところですが、第4期介護保険事業運営期間までの基金残高については、保険料の軽減に活用する観点から、第5期介護保険事業会計の歳入として繰り入れることを検討しております。


 はたして、全額繰り入れるのかどうかも 不明確。

要支援者のサービス切り捨てにつながる総合事業については、

国や他市町村の動向を注視するとともに、当該事業を実施することの効果や課題等を精査し、実施の可否について検討してまいりたい。

 いったい、やるのか やらないのか もはっきりしない。

 不誠実きわまりない 態度に 高齢者は 怒り心頭。

 「人の年金から とった 介護保険料 どない考えてんのや!」
スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し

kaigoken >>URL

昨日の放映はこれでしたか・・・。

日下部雅喜 さま、
昨日テレビを見ていたら字幕に名前が出たので、確認させていただきました。

ご健勝のことお喜びいたします。

Edit | 2011/09/30(Fri) 07:49:31

 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索