2011/10/16 Sun
大阪市内の書店の介護福祉のコーナーで私の書いた ブックレット「『改正』介護保険 緊急解説 何が決まり いま何ができるか」を見つけた。
Image699.jpg
 
 わずか88ページ 900円の貧相な本だが、しっかり書架に並んでいる。ところでその左右は、結城康博氏の力作「日本の介護システム」。そして もう片方には 池田省三氏の「介護保険論 福祉の解体と再生」が並んでいた。

 私のような無名 かつ 浅学非才の 木っ端役人の 小冊子と 日本の介護保険制度の 主要な論客である両先生の本が 同じ 書架に並んでいるのを見て 恐縮する限り。 しかし、この二人の先生については、最近 生臭い話がある。

 池田省三氏が、『介護保険情報』2011年10月号に結城康博氏の「日本の介護システム」を口汚くののしる論文を載せている。そのコピーを 先日、大阪社保協介護保険対策委員会で、特養施設長をされているY氏から頂いた。一読して、毎度のことながらあきれ返るような暴論と決めつけのオンパレードの論文であった。

 結城康博氏(淑徳大学総合福祉学部准教授)は社会保障審議会介護保険部会の委員でもあり、けっこういい発言もされるのだが、「八方美人的」なところがあり、ある方は「あっちへふらふらこっちへふらふら」と酷評されている。
 しかし、介護保険制度の問題点を「現場の視点」で告発し、一般ジャーナリズムへも発信できるそれなりに貴重な研究者でもある。

 これが 池田省三センセイには気に入らないのか、『「空想的介護保険論」からは何も生まれない~結城康博「日本の介護システム」』なる、ヒステリックで支離滅裂な 論文掲載にいたっている。

 私が読んでも 単なる揚げ足取りと ためにする 批判の集大成のような 文章としか思えない。

 まあ、みなさんも 両氏の本 結城康博「日本の介護システム」 と池田省三「介護保険論 福祉の解体と再生」を読み比べていただければ、どちらが まともかは一目瞭然である。
 
 とくに、自治体の福祉現場とケアマネジャーとしての介護現場を経験し、現在も「現場」の視点で介護保険制度も問題点を追及しようとする結城康博氏に対し、池田省三センセイは、「現場という常套句は思考を停止させる」と あえて「現場無視」の立場をるる述べている。
 このような傲慢な発想からは何も生まれない。介護の困難な現場から目をそらすことを当然視するような「制度論」はこの池田センセイだけである。


 詳細はあえて言わないが、1990年代に自治体労働運動にかかわり、当時の連合と自治労と激しく対立した者としては、介護保険制度を推進した自治労と池田省三氏(自治労のシンクタンクに所属)の所業はいまだに許せない。

 しかし、介護保険11年の現実と惨状を目の当たりにして、当時、介護保険制度推進の立場に立った多くの方々は、現在に介護保険の在り方には 批判的である。

 「要介護認定制度廃止」を言いだした 樋口恵子氏、白澤政和氏、「介護保険は老いを守るか」で現状を鋭く告発された沖藤典子氏など、 介護保険の生みの親と言われる方々の多くが現在の介護保険制度について根本的批判をなげかけておられる。岡本祐三氏も 前回の介護保険制度改定で新予防給付が導入されるときに、きびしい批判をされた。

 ところが、この池田省三センセイだけは、ちがう。厚労省でさえ公然と言えないようなことを あえて言ってのけることで、「介護保険の論客」としての存在価値を見いだしているとしか思えない。

 この論文の中でも「資源の有効活用こそ介護保険を持続させる」と、日本の借金の多さを強調しつつ、「高齢者向け社会保障をさらに拡大していくというのは、自分の子供には遺産を残し、他人の子供の財布には手を突っ込むとおうことではないか。私はそんな羞じらいを知らない人間で終わりたくはない」「要支援の介護保険からの除外は当たり前のことである」などと妄言を言いたい放題である。

 この「羞じらいを知らない」人物こそ、日本の介護のまともな未来のためには即刻取り除かれるべきであろう。
 
 
スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し

 >>URL

No title

どっちもどうしょうもない学者とも言えない人だと思う。ユウキ?イケダ?
重要なのは、現場を知っているか否かではなく、アカデミズムで通用するかだ。どっちも通用しないというところでは同じだ。

Edit | 2011/11/09(Wed) 19:00:06

 >>URL

No title

↑ いえいえどっちも大した者だと思う。
アカデミスムで通用するか否かという尺度がナンセンス。アカデミズムで通じることが、紀要や学会誌に出すことを指すのか?
ともに、社保審の委員として政策立案過程に関与しつつ、単著を公刊している。結城氏は学位も持ってるし。

結城氏も変なのに噛みつかれたなってのが印象。論旨が破たんしている池田節はいつものことだな。これに対する反対論文を同紙に掲載されることを願っている。


Edit | 2011/12/06(Tue) 16:34:00

 >>URL

No title

どっちもゴミ学者

Edit | 2015/09/20(Sun) 10:37:25

 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索