2011/11/05 Sat
 ついになされた「決断」。
 反独裁 の ために 候補者立てず。
毎日新聞より
大阪市長選:渡司氏が出馬を取りやめ

 13日告示、27日投開票の大阪市長選で、立候補を表明していた共産党前大阪市議の渡司(わたし)考一氏(59)を擁立する「大阪市をよくする会」は4日、渡司氏が出馬を取りやめると発表した。市長選には、民主系、自民の各市議団が推薦する現職の平松邦夫市長(62)、「大阪維新の会」代表の橋下徹・前大阪府知事(42)が出馬を表明しており、反維新勢力を結集するため、出馬を辞退することにしたという。これで市長選は平松氏、橋下氏の一騎打ちとなる見通し。
 渡司氏は共産党推薦で出馬する予定だった。大阪市をよくする会によると、渡司氏が今月2日、「自分が出馬して票が割れるより、反維新勢力を結集させたい」と申し出たという。同会内で協議を重ねた結果、「『独裁』を掲げる橋下市長誕生を絶対に許してはいけない」との結論に達し、渡司氏の意向を受け入れることにした。同党が市長選で公認・推薦候補を擁立しないのは1963年以来48年ぶり。
 渡司氏は5日午後に記者会見し、不出馬の理由を正式に説明する。共産党は平松氏と政策協定は結ばないが、支持者に投票を呼び掛ける。同党は10年参院選比例代表で、市内の投票総数の9・8%にあたる11万5875票を獲得している。
 市長選を巡っては、府と市などを解体・再編する「大阪都構想」を訴える橋下氏と、「都構想には断固反対する」と反論する平松氏が激しく対立。「日本の政治に一番重要なのは独裁」と発言する橋下氏の政治手法に対しても、平松氏が「大阪市を独裁から守る」などと表明し、対決ムードが高まっていた。
 渡司氏は今年9月に出馬を表明。橋下氏に対しても「暴走と独裁は見過ごすことができない」と批判していた。公明市議団は態度を明らかにしていない。
 渡司氏は4日夜、毎日新聞の取材に「橋下さんの独裁宣言と教育基本条例をどうしても許すことができず、芽を摘むことが大阪市の将来につながると判断した。人生で一番重い決断だった」と語った。
 一方、知事選に立候補を表明している共産党推薦の弁護士、梅田章二氏(61)は出馬する。【津久井達、林由紀子】


「いま大阪は、橋下・「大阪維新の会」によるファッショ的独裁政治を許すのかどうかの重大な歴史的局面を迎えています。」の書き出しで始まり
「橋下氏と「維新の会」によるファッショ的な独裁政治を許さない、大阪府民の広大な共同を、党派の垣根をこえてつくりあげようではありませんか。その力で、今回のダブル選挙において、「橋下独裁政治ノー」の審判をくだそうではありませんか。」と呼び掛けた 10月29日付けの日本共産党大阪府委員会の声明
 
 大阪市長選挙では、「橋下の独裁を阻止するためには、平松支持にまわるべき」との声も多かった。とくに、私のお付き合いさせていただいている 老革命家 たちの中に この意見は多かった。

 たしかに、橋下を 大阪市長にさせない という 一点でみれば 選挙戦術上は この選択であろう。

 橋下徹 という 人物が現代日本にどのような歴史的役割をもっているかは 現時点では 評価できない。しかし、「独裁」 ファシズムの危険であると仮定するならば、反ファシズム統一戦線 の立場は極めて重要である。

 第2次大戦前、イタリア、ドイツなどでまきおこった ファシズムに対し、当時のコミンテルン第7回大会でのディミトロフ報告「反ファシズム統一戦線」。
 私は18歳のとき、国民文庫260円で買って線を引きながら何度も読んだ。

 今でもこの一節は、忘れられない
 
 「同志諸君! 資本主義諸国の幾百万の労働者と勤労者は、ファシズムが権力をにぎるのをどうやってさまたげるか、また勝利したファシズムをどうやって打ち倒すか、という問題を提起している。共産主義インタナショナルはこう答える――まっさきにしなければならないこと、そこから手をつけなければならないこと、それは統一戦線をつくることであり、各企業、各地区、各地方、各国、全世界で労働者の行動の統一をうちたてることである。一国内および国際的規模におけるプロレタリアートの行動の統一、これこそ、ファシズムにたいし、階級敵にたいする防衛に成功するだけでなく、反攻にも成功するだけの力を労働者階級にあたえる強力な武器である、と。

 そして、この一節も
「共産主義インタナショナルは、ただ一つの条件をのぞいて、行動の統一にどんな条件もつけない。そのただ一つの条件とは、すべての労働者が受け入れることのできる基本的な条件、すなわち、行動の統一がファシズムにたいし、資本の攻勢にたいし、戦争の脅威にたいし、階級敵にたいして敵対する方向をもつということである。これがわれわれの条件である。」

 日本共産党大阪府委員会の「決断」が単なる選挙戦術でなく、この「ファシズムに対する統一戦線」へと発展することを期待する。

 

スポンサーサイト
Category: 時局争論
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索