2011/11/11 Fri
 11月11日 介護の日 の夜は 和歌山市での「介護保険学習交流集会」にお招きいただいた。

 会場いっぱいの70人のみなさんが集まっていただいた。 

 和歌山市では、今年春から「介護保険の改善をめざす和歌山実行委員会」が発足し、立場を超えて共同した取り組みを進めている。

 市内180の事業所をすべて訪問。

 要支援者の保険はずし問題をはじめとしたアンケート、国会への請願署名 そして 和歌山市への要望書提出、話し合い と 半年余りで 実に精力的に 取り組まれている。第5期介護保険事業計画の策定委員会への傍聴も行い、市に意見ものべている。

 地味ではあるが、できることを ひとつひとつ 積み重ねられている。アンケートには、介護事業所と 介護従事者の 切実な 思いと 苦しい現実が 一杯詰まっている。

 アンケートのひとことから

 ヘルパー・介護職員の充足状況、人手は足りていますか?
 募集に対して応募がほとんどないです/土日や夕方早朝等の人出不足、土日対応希望の利用者が増えて困っています/訪問へルパーの募集もまったくない状態/広告に掲載しても反応がない。研修にも時間と時給がかかるため大変。長く働いてくれる人が少ない。訪問が難しいと言って辞めていく人が多い/とくに夕方のスタッフが絶えず不足している。募集しても15時までの人がほとんど/ニュース和歌山、リビングなどの地方紙に募集を載せても全く反応がない。ハローワークに継続して出しているが反応がない/優秀な人材が来ない。働くところがないから福祉という考えが蔓延している・・・・
 
 和歌山は、就職情報誌が廃刊になるほど、雇用情勢が悪い。にもかかわらず、この人材確保難はなんであろうか。
 24時間定期巡回サービスもこれでは 介護の担い手が確保できない。

 学習会参加者からは「処遇改善交付金廃止は困ります!」の声が上がっていた。

 
スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索