2011/11/14 Mon
 不正関与の濡れ衣を着せられ、仕事取り上げ、雇用打ち切り宣告などいじめにより「不安抑うつ症」を発症させた堺市を相手の裁判。

 堺市が2006年度~2007年度に設置していた「事業者指導室」で、介護給付費調査員として雇用された非常勤ケアマネジャーに対し、かつて勤務していた事業所での不正発覚問題で、そのケアマネジャーの「不正関与」を疑い、仕事を取り上げ、さらに首切り通告までして、精神疾患(不安抑うつ症)になるまでまで追い込み、翌年雇用打ち切りにした事件である。

 裁判経過はこちら

 今日11月14日は口頭弁論。

 堺市の介護保険事業者の給付適正化に携わっていた人からの陳述書も提出し、いよいよ論戦は本格化。

 次回弁論は、来年1月30日(月)午前10時30分~ 大阪地裁809号法廷
スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索