2011/11/20 Sun
 「来年4月の『改正』介護保険法の施行を控え、ヘルパーの医療行為や、軽度者はずし、地域包括ケアシステム、24時間定期巡回、介護報酬の改定などの議論がされていますが、このままでは介護が必要なときに必要な介護がうけられなくなってしまいます。ヘルパーの仕事も脅かされてしまいます。何よりも家事や生活援助を通して、いのちや当たり前のくらしを支えるというヘルパーの大切な役割が奪われると、私達は危機感を持っています。」
「人は誰もが老います。心身が不自由になる時もあります。介護が必要になった時、お金のあるなしに関係なく『その人らしい、当たり前の生活』ができるよう国は必要なお金を出してください、ヘルパーたちの仕事とやりがいを奪うこととと、利用者さんの当たり前の生活をおびやかすことは許せないと、私たちは声を大にして訴えます。」
 ホームヘルパーのつどい in京都 での 「アピール」。
 Image730京都ヘルパーアピール


 「ホームヘルパーのつどい in京都」終了後、京都のヘルパーさんたちは、「介護保険改悪反対!」「生活援助の切り下げ許すな!」と京都駅前から東本願寺までデモ行進 
Image731京都ヘルパーデモ

この後さらに、京都タワー前交差点でハンドマイク、ビラ配布、署名訴えの宣伝行動を行った、まさに、たたかう京都のヘルパーさんたちである。
スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索