2011/11/28 Mon
 大阪ダブル選挙で、にわかに「現実性」を帯びたかに見える「大阪都」構想。

 次の焦点は、大阪市議会の動向と、堺市であろう。

 ここで、さっそくぐらつき始めたのが竹山堺市長である。
毎日新聞
選挙:大阪ダブル選 維新圧勝 堺市長、協議に難色 都構想「市分割前提なら」
 大阪府知事と大阪市長のダブル選で大阪維新の会が勝利したことを受け、堺市の竹山修身市長は28日、同党が大阪都構想へ向けた推進大綱で掲げた府、大阪、堺両市による協議会への参加について「市の分割を前提とするならば参加は難しい」との見解を改めて示した。竹山市長は都構想について「理念には反対でないが堺市は分割すべきでない」と主張。協議会については「広域自治体と政令市の関係を議論するのであれば入りたい」と話した。【内田幸一】(2011年11月28日夕刊)

 堺市分割には否定的な見解を表明しつつも、協議会参加については、前提条件をつけながら、「入りたい」としている。

2009年9月に 橋下の全面支援で 堺市長になった経過があって まともにものが言えないのだろう。

 しかし、堺市長 である。

 堺市の分割解体に 反対なら 協議会は 「参加拒否」しかない。

 しっかりせよ 竹山市長。

 


スポンサーサイト
Category: 堺市政問題
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索