2011/12/29 Thu
 年賀状書きと資料整理、掃除で一日すごす。

 自分なりに今年1年を振り返ると

 まず 7月14日 の 不正介護報酬返還請求訴訟の 最高裁 不当判決 である。地裁・高裁と勝ち続けていた1億円不正介護報酬返還の裁判。最後の局面で逆転敗訴となった。悔しい限りであるし、最高裁もこの程度かとあきれるばかりである。

 そして 介護保険見直し に対するたたかいに明け暮れた1年だった。
 8月に「改定介護保険 ブックレット」を発刊して以降 あちこちから 学習会にお招きいただいた。改定は来年4月の報酬と制度改定実施、さらに 社会保障・税の一体改革のもとでのあらたな制度改悪のたたかいへと来年もさらにたたかいは続く。

 この中で、とくに介護保険料問題は、次期保険料額が、大阪市の5990円をはじめ、高齢者の負担の限界に達し、制度的に限界にきている。そして、今年は、ついに われわれ介護保険料に怒る一揆の会が3年前から主張してきた「埋蔵金」(都道府県の財政安定化基金)の取り崩しが法改正で可能になった。

 3月11日の東日本大震災では、何もかかわれなかったが、12月、気仙沼、陸前高田を訪れ、地元の自治体職員の皆さんと交流させていただいたことは、深く印象にのこっている。カンパ以外何もできなかった自分がとても恥ずかしい思いである。

 そして、今年1月から始めた「大阪都構想から堺市を守る会」の活動は、3回の懇談会で保守系の方々や元市幹部も含めた幅のひろい市民運動への発展の兆しを見せている。
 11月のダブル選挙時には 「地方政治ファシスト 橋下を引きずり降ろそう」と訴えたが、結果はあのとおり。

 わが年賀状には

 「閉塞感の中で、変革への期待は歪められ「大阪化現象」となりました。反ハシズム統一戦線の構築で「橋下維新独裁」の打倒とホンモノの変革をめざす年です。当面、「大阪都構想」による堺市の分割・解体を阻止し、自治都市堺を守りましょう!」
 と2012年挨拶を書きこんだ。

 

 
スポンサーサイト
Category: 雑感・雑記
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索