2011/12/30 Fri
4年前からはじめた おせち料理作り。

 もともとはヘルパーの生活援助でおせちはつくることができるか、を検証するために生活援助3(1時間半以内)で完成することをめざしてはじめたものである。

 いいかげんめんどくさくなってきたので、昨年に続きいかに簡単にすますかに挑戦した。

赤字が調理したもの、それ以外はできあい。(少し切ったり、混ぜたりするが)

 壱の重
黒豆、数の子、たたきごぼう、栗の甘露煮、ぎんなん、酢和え、わさび漬けのかまぼこ巻き
一の重

弐の重
海老の酒炒り鮭の塩焼き、棒だら、鯛の酢漬、ちょろき、卵焼き、きんぴらごぼう
二の重

参の重
田作りさわらの西京漬焼き高野豆腐、おだまき、筑前煮
三の重

 今年は、筑前煮も できあいの お煮しめ、筑前煮を買ってきて まぜて レンジで加熱し、きぬさやだけを塩ゆでにして加え、てまりをのせた。

 これで時間がさらに短縮し、45分で 完成した。



スポンサーサイト
Category: 雑感・雑記

taro hanako >>URL

45分 まるで厚生労働省ですね

45分ですか。
 まるで 生活援助45分でできるっていう検証のようですね。
 オンブズマンさんの意図はそうではないかもしれませんですけどね。
よいお年を^^

Edit | 2011/12/31(Sat) 10:48:54

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき) >>URL

Re: 45分 まるで厚生労働省ですね

いいえ!そういう意図ではありません。
 「特別な手間をかけて行う調理」をヘルパーができない、とされている規制がある中で、おせち料理がやりかたによってはできるという検証のつもりです。

 実際は、買い物に40分以上かかるでしょうし、おせちだけ作ってさようなら では利用者の生活は援助できないのでさまざまな家事援助は必要です。

 おまちがいのないように。

 しかし、厚生労働省は、きっと、こんな事例も 生活援助の45分への短縮の口実とする材料にするのでしょうね。油断もすきもありません。

Edit | 2011/12/31(Sat) 10:55:49

 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索