2012/01/13 Fri
1月25日に「社会保障審議会介護給付費分科会」開催されることが通知された。
 厚労省プレス発表
 議題には 「平成24年度介護報酬改定に係る諮問について」とあり、介護報酬改定案(算定基準等)が諮問され、即日答申されることも考えられる。

 介護職員処遇改善交付金を廃止と介護報酬への組み入れで2%程度の引き上げが必要であるにも関わらず、年末の厚生労働大臣と財務大臣の合意では「1.2%」(在宅1.0%、施設0.2%)の改定となっている。

 ということは実質的に介護報酬はマイナスにするか、「処遇改善分」を圧縮しない限り、1.2%では済まない。
 とくに「処遇改善分」含めてもわずか0.2%しか上がらない施設は「内部留保批判」が意図的に行われている特養を中心に大幅な報酬ダウンの可能性がある。

 在宅で、絶対許せないのは、「訪問介護の生活援助45分」への短縮である。そして、ケアマネジャーへの運営基準減算の強化、さらに介護予防サービスの見直しなどである。

 介護報酬の答申まで、あと10日あまり。詳細はいまだに明らかにならず、すべては厚生労働省官僚の密室の中にある。

 声をあげる最後のチャンスである。

 大阪社保協と「よりよい介護をめざすケアマネ・ヘルパーの会」は、来週1月17日に「だまってられへん!ヘルパー・ケアマネ怒りの集会」を緊急開催する。

 生活援助45分への短縮問題、ケアマネジャーの減算強化問題を中心に現時点で何が決まろうとしているか整理しながら、ヘルパー・ケアマネからの現場の実態報告をし、抗議の声をあげる。
 厚生労働省に「生活援助45分への短縮やめろ!」「ケアマネへの減算強化するな!」「利用者とヘルパーの声を聞かずに介護報酬を決めるな!」の怒りの声を厚生労働省に突き付ける集会である。
 もちろんヘルパー、ケアマネ以外のみなさんもご参加できる。ぜひ多くの参加を!
だまってられへん! ヘルパー・ケアマネ怒りの集会
日時 2012年1月17日(火)午後6時半~
会場 大阪府保険医協会MDホール(ちらし地図参照のこと)
企画 報告 日下部雅喜・大阪社保協介護保険対策委員
   ヘルパー・ケアマネから現場の実態報告


 集会案内チラシ
スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し

介護士 >>URL

もっと根本的に改善してくれ

自分の最近入った事業所は報酬が一切現場の職員に入らない!介護請求の水増しも多々行っている。
保険外施設にホームヘルパーとして常駐させられて施設の仕事や宿直までさせられて、メチャクチャです!
一刻も早く辞めたいし、ご利用者がきちんとした施設の入所が早く決まればと願う。

Edit | 2012/04/09(Mon) 19:05:04

 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索