2012/01/14 Sat
 1月14日午後 2012年になってはじめての学習会。

 お招きいただいたのは兵庫県尼崎市の社保協である。
 尼崎学習会チラシ

 講師依頼書には、学習会の参加予定人数は『50人』とあった。
 ところがはじまる前にすでに用意した席と資料が足りなくなった。急きょ席をつくり、資料のコピーに走る。
 100人を超える参加者で超満員になる。
 改定介護保険のブックレットも完売で、介護保険改定への関心の高さを示した。

 尼崎市の介護保険料は、基準月額 4711円 → 5368円へと上がる見込みとのこと。
 
 地元の市会議員さんによると、給付抑制が進む一方で、特養の入所必要性の高い人が500人以上もいるにも関わらず、第5期計画での特養整備目標は200人分だけ。
 一方で、いわゆる「高齢者賃貸住宅」が相次いで開設され、生活保護受給をあてこんで近隣市から低所得の要介護者が流入しているとのこと。

 ここでも介護保険の矛盾は激しい。

 尼崎市の第5期計画に対するパブリックコメントは1月16日まで。学習会では意見応募用紙も配られ、積極的な提出が呼び掛けられた。

 尼崎社保協は12月議会にも介護保険改善を求めて署名運動を展開した。提出した請願は不当にも否決されたが社保協のみなさんは元気いっぱいである。
 
 あすは、朝から札幌で ヘルパー・ケアマネ集会、午後からは北海道地域自治体問題研究所主催の第5期事業計画学習会である。
 今から 伊丹空港から札幌にむかう。
 
 今年も介護保険学習会行脚になりそうである。
 
 
スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索