2012/01/22 Sun
 私が地域で参加する 在宅ケアを考える会で企画した公開学習会

 今年のテーマは
どうすれば在宅で尊厳死を迎えられるでしょうか?

「住み慣れた家で安心して暮らしつづけ、人生の最後を迎えたい」-誰もが願うことではないでしょうか。
しかし、現在は約8割の方が病院で亡くなっています。自分らしく最後まで生き、そして最後を尊厳を持って迎えるためには、何が必要なのでしょうか。そして、私たちはどうしたらよいのでしょうか。
シンポジウムでは、自分の最後の医療の希望を医師に伝える「事前指示書」や、自分で書く「老い支度」(エンディングノート)なども紹介し、介護体験も交えてみんなで「尊厳ある最後」について考えます。
 介護関係者以外の方でも、西地域以外の方でも参加できます。

2012(平成24)年2月25日(土)午後2時~4時30分
ウエスティ(堺市西文化会館)7階セミナールーム (参加費無料)
シンポジウム
●エンドステージを在宅で過ごすために~事前指示書 
●「エンディングノート」を書いてみましょう
● 在宅介護体験を語る
● 質疑応答 
スポンサーサイト
Category: 未分類
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索