2012/03/06 Tue
 今日は朝一番から大阪市役所へ。

 当初からほんの少し下がったが、大阪市の第5期介護保険料は基準月額 

   4780円→5897円 と 月1117円の引き上げ 実に23パーセントアップである。

 介護保険料に怒る一揆の会と 年金者組合、大生連共同で 橋下・大阪市長に対し緊急に申し入れ行動を行った。

 
2012年3月6日

大阪市長  橋下 徹 様

全日本年金者組合大阪府本部 
執行委員長 松井幹治
全大阪生活と健康を守る会連合会
 会長  松岡恒雄
介護保険料に怒る一揆の会
代表 宮崎守正

介護保険料引き上げ中止など求める申入書
 
 私たちは、1月26日に大阪市長に対し介護保険料引上げ案撤回などを要求し、2月9日付けで大阪市健康福祉局長名の「回答」がなされたが、その内容はまったく誠意のないものであった。
そして、開会中の大阪市会には、介護保険料基準月額を現行より23%も引き上げ5,897円とする条例案が提出されている。
 私たちは、市民の声を一切聞かずにこのような大幅引上げを強行することは断じて許せない。
介護保険料の引上げを中止するよう要求するとともに、早急に橋下市長出席の下でも話し合いの場を設定されるよう強く求めます。
                          記

1 1月26日付け要求書に対する2月9日付け「回答」を踏まえ、説明及び意見交換のための話し合いを早急に行うこと。
2 大阪市の「第5期介護保険事業計画素案」に対するパブリックコメントで寄せられた意見内容を明らかにするとともに、その意見をどのように反映するのか見解を示すこと。
3 介護報酬改定案で示されている訪問介護の生活援助時間区分の「45分」への短縮問題について大阪市として反対するとともに、独自の措置を講じること。
以上


 今回も 橋下市長は出てこず、対応は健康福祉局介護保険課。
 
 話し合いには応じます、回答はします、と言うが、内容は全くない。何よりも、こんなべらぼうに高い介護保険料にして高齢者に申し訳ない、という気持ちが全く感じられない。
 改めて、市長出席の話し合いを強く求めた。

 次に大阪市議会への請願提出。

 

大阪市会議長  大内 啓治 様

介護保険料等に関する請願書

【請願趣旨】
大阪市は、開会中の市会に介護保険料基準月額を現行より23%も引き上げ5,897円とする条例案が提出されている。これは大阪府内でもっとも高額であるだけでなく、全国の政令指定都市の中でも最高水準の金額である。
低所得の高齢者が多い大阪市においてこのような介護保険料は高齢者の負担の限界を大きく超えるものである。
私たちは、この介護保険料引上げの中止などを求め下記のとおり請願を行います。

【請願項目】

1 第5期の介護保険料引き上げを行わないこと。給付見込み額に不足が生じる場合は、一般会計から繰り入れ、高齢者の保険料負担が増えないようにすること。
2 大阪府の「介護保険財政安定化基金」の大幅な取り崩しと大阪府拠出分も全額保険料軽減に充てるよう大阪府知事に求めること。国拠出分も同様にするよう政府に強くもとめること。
3 特別養護老人ホームの待機者解消など、介護基盤を整備すること。
4 国の介護報酬改定で示されているホームヘルパーの生活援助時間区分の「45分」への短縮問題について大阪市会として反対する意見書を採択するとともに、大阪市として独自の措置を講じるよう求めること。以上
2012年3月6日

大阪市北区天神橋1-13-15
全日本年金者組合大阪府本部
執行委員長 松井幹治
大阪市西区江戸堀2-7-32-304
全大阪生活と健康を守る会連合会
会長  松岡恒雄
大阪市北区錦町2-2国労会館
大阪社会保障推進協議会内
介護保険料に怒る一揆の会
代表 宮崎守正




 共産党の市会議員全員に紹介議員となっていただき、大阪市会事務局に請願書を提出。
 市会事務局の説明によれば、3月21日に民生保健常任委員会があり、そこで審議とのこと。また、予算に絡む部分があるので、3月8,9,12,13の予算委員会でも審議されるとのこと。
 高齢者の生活実態を踏まえた公正な審議を求めた。

 
スポンサーサイト
Category: 介護保険料
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索