2012/03/09 Fri
 厚労省レクチャーのつづき。

 私が行った質問

質問)60分の生活援助を 45分にする時間見直しを行った。これは居宅サービス計画の第3表(週間サービス計画)の時間帯が少しだけ変更になるが、アセスメントからサービス担当者会議、ケアプランの交付まで一連の運営基準に規定する居宅サービス変更手続きは必ず必要か。

 また、90分程度1回を 45分2回に変更した場合も そのような手続きは必ず必要か 

 振興課 山本係長 口頭回答(メモ)

回答)個別ケースになろうかと思うが、利用者の状態が変化し、他のサービスも変化するようであれば 担当者会議を開催するという判断をケアマネジャーが行っていただくということになろうかと 思う。


質問)一連の変更手続きが必要かどうかの 判断はケアマネジャーの判断による ということか。

 回答)そうです


質問)現行60分のサービスを 適切なアセスメント・ケアマネジメントに基づき、これまで通り60分とした場合はどうか

回答)常識の問題として、サービスが何も変わらなければ担当者会議等は開催する必要がない場合があるのでないかと思う 

 運営基準に定めるサービス変更手続きが必要かどうかを ケアマネジャーの判断に委ねるという趣旨であろうが、サービス時間について、課長会議で 「適切なアセスメント・マネジメント」をあれだけ強調しておきながら、いかにも 軽い。
 
スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し

ksk >>URL

No title

最近こちらを知り、拝読させて頂いています。
居宅ケアマネをしておりますが、この時期になっても不明確なことが多く、それでも改定にあたり訪問介護や通所介護の支援時間の変更があり、しかもアセスメント~サービス担当者会議、ケアプラン作成等一連の手続きを踏まなければならないのではないか、という風潮が他掲示板で強く、とても不安に思っております。

あと一月早く進めて頂けるだけでも違うのに、と国に対して憤りでいっぱいです。

今回の記事で訪問介護については分かりましたが、通所介護ではどうなのでしょうか?
事業所都合で、6-8を7-9にしてはいけない、という文面を目にしましたが、収入減は事業所の閉鎖を意味するといっても良い場合がありますし…。また、この場合も一連の手続きは必要なのでしょうか?

Edit | 2012/03/09(Fri) 14:57:09

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき) >>URL

No title

コメントありがとうございます。

通所介護の時間を6-8から 7-9になる利用者のケアプランのことですね。

その利用者の通所介護の利用時間が変更にならなければ、ケアプランは報酬区分(単位数)のみの変更で利用票別表のみの変更なので一連の手続きは不要だと思います。
 その利用者の通所介護の利用時間が変更になる場合は、ケアプランの第3表週間サービス計画表が変更になります。この場合、「軽微な変更」として一連の手続きを省略できるかどうか、は、厚労省は「ケアマネジャーの判断」としています。
 しかし、私は、事業者の都合での安易な時間変更をさせないためにもアセスメントからはじまる一連の手続きをおすすめしています。

Edit | 2012/03/11(Sun) 15:11:46

 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索