2012/05/04 Fri
 5月に、「大阪維新の会」が大阪市議会へ提出する条例案 家庭教育支援条例(案)

 こんなひどい発想の連中に「家庭」「教育」など語る資格はない。

第15条「乳幼児期の愛着形成の不足が軽度発達障害またはそれに似た症状を誘発する大きな要因であると指摘され、また、それが虐待、非行、不登校、引きこもり等に深く関与していることに鑑み、その予防・防止をはかる」
第18条「わが国の伝統的子育てによって発達障害は予防、防止できるものであり、こうした子育ての知恵を学習する機会を親およびこれから親になる人に提供する」

 発達障害は「乳幼児期の愛着形成の不足」に原因があると、家庭それも母親のせいであるかのように描き出し、「わが国の伝統的子育て」が発達障害を予防、防止できるとまで言い放つ。今日の子どもの諸問題を「親心の喪失と親の保護能力の衰退という根本的問題」(条例案前文)のせいにするという、封建的・前近代的発想とともに、「発達障害」をその立場で云々するというきわめて非科学的で差別的な考え方で凝り固まっている。

 しかも、コメントいただいた方から指摘されたが、この条例案前文の末尾には「本県の未来を託す子供たち…本条例を定めるものである。 」と書かれている。

 大阪府ではぜったいに「本県」とは言わない。言うならば「本府」である。

 ネット上で、埼玉県で同様の主張をしている者たちがいるといい、その「コピー」だと指摘されている。

 たしかにこの 一昨年の 埼玉県議会での質疑 からするとその可能性は極めて高い。知事答弁の 「授乳をしているとき、一生懸命赤ちゃんがお母さんを見ているのに、お母さんは携帯でメールをしているパターンなどが良くないと言われております。」
と維新の会条例案前文の「テレビや携帯電話を見ながら授乳している『ながら授乳』が8割を占めるなど、親心の喪失と親の保護能力の衰退…」あたりは同一の問題意識であろう。

 維新の会条例案なるものが、いかにいい加減なものか このことだけでも 底が見えるというものである。

 「国政進出」とんでもない。大阪府政からも大阪市政からも退場願おう。



スポンサーサイト
Category: 時局争論

 >>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | 2012/05/07(Mon) 19:01:49

 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索