2012/05/09 Wed
私が書いた一文

公的介護保障実現めざす新たな運動  
 すでにのべたように、12年を経た介護保険制度は、制度的にも財源的にも「限界」が明らかになりつつあります。社会保障削減のための給付抑制システムや、公的責任縮小・市場化の仕組みとしては機能しても、国民の老後の不安である介護保障や生活保障の役には立たず、高齢者の年金から介護費用を収奪する仕組みが介護保険制度です。
 今後、行き場のない「介護難民」はますます増加し、毎年10数万人の「介護退職」が発生し続け、家族の経済的・肉体的負担の増加は「介護地獄」を蔓延させ、悲惨な「介護殺人」「介護心中」をも生み出す結果になります。介護現場では人材確保困難を中心に「介護崩壊」の危機が続いています。
「介護の危機」を打開するために、介護保険制度の矛盾を具体的に明らかにしながら、それを突破する具体的な政策的・制度的要求の社会的支持を広げながら、介護保険制度に替わる新しい「公的介護保障」の仕組みを作り出す国民的な運動の構築が求められています


 今の介護保険制度の惨状を見れば、ごく普通の問題提起のつもりで書いたのだが、ある団体の大幹部の方から「賛成できません」とのご意見をいただいた。
 「今日の矛盾の解決で一致点を広げるには、制度的には 行き過ぎた保険主義の見直しという提起のもとに」さまざまな政策要求を検討すべき、というご主張である。

 私の率直な感想

 「行き過ぎた保険主義見直し」「現物給付化」「国庫負担増額」「介護を支える人材対策」などは、それ自体としては当面の運動課題や政策要求になりえると考えますが、「介護保険制度」の枠組みについてそれを前提として、その枠内に運動や議論を閉じ込めてしまう という発想はいかがなものでしょうか。

 毎月の年金から介護保険料を天引きされる高齢者の怨嗟の声、そして、ますます大きくなる介護不安 「一般世間」の中には介護保険制度そのものに対する潜在的な疑問が渦巻いています。
 もし中央レベルの議論が、介護保険制度の枠組みそのものに疑問を持たず、一部の介護関係者の「部分的改良」要求の議論で終始とするならば、それでよいのでしょうか。

 今回の問題提起は、あえて「介護保険制度廃止」と言わず、「新しい公的介護保障の仕組みを作り出す」 という前向きで夢のある表現としたつもりですが、これについてさえ、このように拒否反応があるのかなぜでしょうか。

 議論の結果、時期尚早との意見が大半で、私の「問題提起」なる文書は取り下げ、採用しないことになった。これはこれで仕方がない現実である。今後議論、論戦すればよい。


 それにしても、09年の政権交代時はこんな問題提起もされたのだが、その後、中央では議論は深まらなかったのであろうか。
 いよいよ「介護保険制度廃止」が運動の課題に 日本高齢者大会

 大阪で のびのびと たたかい  自由に語っているような 気楽な 私には 思いもよらないことであるが。
スポンサーサイト
Category: 社会保障問題

ななえ >>URL

No title

私も次どうするかの議論にはいる時期だと思います 保険制度の矛盾の次は居住権のように私は思います 精神病院や老人病院の現状がいいのかどうか?病院という発想が問われていると思います。
 住宅ローンのような仕組みで介護を提供したほうがいいような気がします。
 今なら自由に話が出来ます。

Edit | 2012/05/10(Thu) 08:17:49

緑の郷の住人達 >>URL

今なら話ができます.....

ななえさんのコメント、切実ですね。修正を加えながら走りますと見切り発車をした介護保険。当然利用者の声を聞くのかとおもいきや、cmさんをアリバイに行政は耳を塞ぐ。ケアマネさんは「私には権限がない。どうしたらいいのでしょうね」と首をひねるばかり。利用者本位というメッキがはがれて利権構造が透けているので、住宅改築補助などのかさがはり、自分で工夫できるものは削って、認知症などの預かりてのない深刻なところに、回すのなら、まだ意味があると思います。介護の産業化というのも中途半端。ビジネスをなもているとしか思えない。ビジネスの世界なら契約を守らず損失を与えられれば損害賠償訴訟の嵐。高齢者にはそういう考えがないとはなから、舐めているようにみえます。役所の話ですが。

Edit | 2012/06/03(Sun) 18:54:01

最悪の介護制度 >>URL

No title

日本が抱えるこれだけの最重要課題。
自分も介護制度を使う様になり、ケアマネージャーを間に挟まないと、自分だけでは何かを選ぶにも、簡単には前に進めず、その癖、待っているのは民間の営業するデイケア、ショートステイ施設。国と、企業のそれぞれが意味の無い中途半端な立場で守り有って、こんな介護者の守られにくい世界は無いです。皆で動かないと、沢山の人が苦しみに潰れていきます。

Edit | 2014/01/28(Tue) 11:41:08

 
 
 
 
 
 
 
 

| -

管理人の承認後に表示されます

2012/05/10 13:03:42(Thu)

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索