2012/05/17 Thu
堺市の調査研究機関である(財)堺都市政策研究所が、「大阪都」に対する批判を試みている。

対談会 テーマ:堺市にふさわしい大都市制度について」という報告書が出ている。

対談者 は
大阪市立大学大学院 法学研究科教授 阿部 昌樹 氏
同志社大学大学院 総合政策科学研究科教授 新川 達郎 氏
大阪学院大学 経済学部教授 村上 睦 氏
大阪府立大学 経済学部准教授 吉田 素教 氏
 
 という面々で
「 二重行政」「住民参加」「二重行政と大阪経済衰退の関係性について」「 堺市の発言力」「財政と税源」「堺市のアイデンティティ」など多岐にわたり、最後に「 大阪都構想を一言でいうと」と各人の大阪都批評で終わる。

 突っ込みの足りない感もあるが、それぞれの立場で堺市と大阪都の問題を良く論じている。

 とくに大阪府大の吉田准教授 の 「大政奉還論」はユニークであり、大阪都問題を論じる前提としてグローバル化をあげるあたりは、とても 興味深い。

スポンサーサイト
Category: 堺市政問題
 
 
 
 
 
 
 
 

| -

管理人の承認後に表示されます

2012/05/19 04:16:16(Sat)

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索