2012/08/24 Fri
猛暑の中、怒りに燃えて集まった高齢者。

介護保険料、後期高齢者医療保険料 に対する「集団不服審査請求」提出行動が、大阪府庁となりの府議会会館で行われた。
Image913審査請求国保

 介護保険料に怒る一揆の会が、年金者組合大阪府本部、全大阪生活と健康を守る会連合会と共同して取り組み、各地の代表約70人が意思統一集会を行った後、729人分(介護保険料442人、後期高齢者医療保険料152分、国民健康保険料135人分)の不服審査請求書を審査会事務局に提出した。


 介護保険審査会事務局に提出する高齢者のみなさん Image911審査請求介護

後期高齢者医療審査会に提出する高齢者のみなさんImage915審査請求後期

 
提出前集会で私がさせていただいた「行動提起」

介護保険料不服審査請求 提出前集会 行動提起                                 介護保険料に怒る一揆の会  日下部雅喜

 連日の猛暑の中での不服審査請求提出行動へのご参加お疲れ様です。
今年度の不服審査請求は、重要な意義を持っています。
12年を経た介護保険制度は、 第5期介護保険料は、全国平均で 4160円→ 4972円(19.5%)となり、大阪府では 平均で 4,588円→ 5,306円 となり、高齢者の負担の限界を超えました。介護保険の制度的・財源的限界は明らかであり、介護保険料問題を通じて現行の介護保険制度の枠組みを打ち破っていく運動が求められています。
民主・自民・公明の談合による消費税10%への引上げと「社会保障改悪」では、民主党の公約であった「後期高齢者医療制度の廃止」「最低保障年金創設」もすべて投げ捨て、今後年金連続引下げをはじめ医療・介護の大改悪をすすめようとしています。
こうした中で、高齢者の怒りの声を示すことが必要です。不服審査請求はその絶好のチャンスです。大阪府介護保険審査会は、不当な「却下」3年前から行ってきていますが、これを乗り越えて運動を広げなければなりません。
 本日の不服審査請求はその第一歩です。「保険料通知を知った日から60日以内」ならばまだまだ不服審査請求はできます。本日以降も各地で審査請求の提出を行いましょう!
今後の取り組み
○介護保険料は、「お尋ね文」が送られてきた場合は、②保険料決定取消し に○印をし、「理由」には、保険料について納得できないこと・不当だと思うことを簡潔に記載して返送しましょう。
○内容審理に入れば、「弁明書」が届きます。各団体・地域ごとで「反論書」の提出を行いましょう。
○「口頭意見陳述」も行うことができます。積極的に申し立てましょう。
スポンサーサイト
Category: 介護保険料
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索