2013/01/02 Wed
新年らしく、「今年の目標」考えてみることにした。

ところで、昨年は
「毎回 真剣勝負 分かりやすく そして 心に訴える 論旨明快な 学習会をめざすこと これが 今年の目標である。」

とブログに書いている。学習会の講師活動が多くなったことから考えたものだ。一年たって反省しきりである。

今年は、講師活動や執筆活動でなく、「堺市政」問題を目標としたい。


維新・「大阪都構想」は、維新の会の公式本によれば、2015年が「第一段階」とされ、大阪市と堺市を解体して大阪市都に一本化するとある。大阪市については、橋下市長の強権的行政で「区割り案」も公表され、特別区設置を可能とする法整備もなされていることから、議会での議決や住民投票の段階が日程に登りつつある。

しかし、わが堺市は、現職の竹山市長が、3年前に橋下知事(当時)に担がれて市長になりながら、「大阪都」問題では「堺市を解体する民意はない」と反旗を翻している。
堺市では今年の秋には市長選挙である。当然 橋下・維新の会側は、大阪都に賛成し、堺市を解体する人物を刺客候補として立ててくるだろう。
大阪都構想のアキレス腱は堺市をである。

維新の会が勝利すれば「政令指定都市」としての堺市は消滅する。

私は堺市で働いて33年になる。その大半の時期を市当局とは対立してきた。そして今でも出先職場に13年「島流し」状態に押し込められ、一切の昇進とも無縁で、基本給毎年下げられ続けている。
しかし、こんな私でも「堺市」を誇りに思っている。この堺市が消滅の危機を迎えようとしているとき、闘わなければ、生き方が問われる。

しかし、もし維新の会の市長が勝ったら、大阪市役所のように粛清と恐怖政治により弾圧され放逐されかねない。

市役所の重職にある人たちは、事故保身に走り、この問題にだんまりを決め込んでいる人も多い。

しかし、私は、この問題では、とことん戦う決意である。たとえ、我が身が犠牲になったとしてもである。

私の堺市職員人生33年の「ご恩返し」を堺市と堺市民にするときであると、考えている。

以上、私の今年の目標とである。
スポンサーサイト
Category: 堺市政問題

探偵GOD >>URL

探偵GODのコメント

確かにね

Edit | 2013/01/03(Thu) 10:50:57

 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索