2013/01/22 Tue
政権交代後、わずか一ヶ月で言いたい放題である。
いっせいにメディアで取り上げられたこの麻生の発言。単なる個人のアホ発言では済まされない。
命と人間の尊厳を真っ向から踏みにじる恐ろしい発想である。
社会保障制度改革国民会議でのこの発言と日を同じくして、厚労省の社会保障審議会介護保険部会では、来年の介護保険制度改定に向け、利用者負担引き上げ、ケアプラン有料化、軽度者サービス切り捨てなど、またもや大改悪メニューがゾロゾロ出てきた。

早々に闘いの構築が急務である。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

麻生副総理「さっさと死ねるように」 高齢者高額医療で発言
産経新聞 1月21日
 麻生太郎副総理兼財務相は21日開かれた政府の社会保障制度改革国民会議で、余命わずかな高齢者など終末期の高額医療費に関連し、「死にたいと思っても生きられる。政府の金で(高額医療を)やっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうなど、いろいろと考えないと解決しない」と持論を展開した。

 また、「月に一千数百万円かかるという現実を厚生労働省は一番よく知っている」とも述べ、財政負担が重い現実を指摘した。


産経新聞

Facebook
mixiチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
Category: 社会保障問題

KON >>URL

No title

メディアの捉え方が悪いのではないでしょうか?あくまで自分自身の考えを例にとって話した内容を、皆に強いるように編集をされて、特にタイトルは悪質です。

私自身の考えとしても、生きる意思のない患者への医療については議論するべきだと考えています。

また、利用者負担引き上げ、ケアプラン有料化、軽度者サービス切り捨てについても世代間格差を考えると今の高齢者ばかりを優遇するのどうなのかと思います。

Edit | 2013/01/22(Tue) 16:50:38

 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索