2013/03/25 Mon
 3月25日午後、介護保険料不服審査請求の「口頭意見陳述」が行われた。2012年度介護保険料は、大阪府の大半の市町村で大幅引き上げ。一方で年金は引き下げ。

 改悪された介護保険制度のもとでこの介護保険料は許せない! と介護保険料決定の違法・不当性を問う、不服審査請求は、大阪府内で752人。大阪府介護保険審査会は、これに対し、「お尋ね文」を送りつけ、462件を
「不適法な審査請求」として、「却下」にした。

 それでも、65人が口頭意見陳述を申立て62人が意見陳述の機会を保障された。

 しかし、今年も審査会委員は出席せず、介護支援専課長らによる聴取となった。
陳述した高齢者からは「審査会委員はなぜ、声を聞かないのか!」の怒りの声が上がった。

 不服審査請求口頭意見陳述


 枚方市と堺市から代理陳述含めて31人が陳述。一人ひとりが原稿を用意し、あるかたは切々と「苦しい生活」を訴え、あるかたは「家族の介護の苦労」「介護費用、医療費、通院交通費の負担の大きさ」を訴えられた。

 「この介護保険料で高齢者がムリなく払えると考えているのか、法や制度の以前に 高齢者の生活を見てから介護保険料を決めてほしい」

 「生活のただひとつの糧である年金から二ヶ月分の介護保険料を勝手にひかないでほしい」

 「高齢者の負担を軽くするために、国の負担、自治体の繰り入れを増やしてほしい」

 「ヘルパーの時間が短くなって、会話もできなくなった。生きていく気力を奪われる」

 速記者、録音テープで記録されるとはいえ、審査会委員が出席せず、大阪府介護支援課長以下、事務局の意見聴取。

 怒りとともにやるせなさを感じる。

 「被保険者の救済機関である介護保険審査会委員が、意見を聞かないのはおかしい」と高齢者は怒りを持って訴えた。

3月28日は、午前、午後と分かれてさらに意見陳述する予定である。

 大阪府介護保険審査会委員は、直接高齢者の声を聞け!
スポンサーサイト
Category: 介護保険料
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索