2013/12/09 Mon
 12月8日、長崎民医連の介護保険改定学習講演会に招かれた。
 13長崎学習会チラシ

 以下 長崎民医連の「県連介護ウエーブニュース」より転載
12月8日(日)大阪社保協介護福祉対策委員の日下部雅喜氏を講師に招き、「介護保険改定の内容と私たちの課題」と題した学習講演会を開きました。師走の日曜日で有り参加者は51名とやや少なかったものの、具体例を出しながら要支援者の切り捨てによる影響を示すなどわかりやすい話に参加者からは、「大変よくわかった」「これ以上介護の後退は許せない」「利用者(要支援2)の方から、私はどうなるのと聞かれました。今日の話を聞いてしっかりご返事ができそうです」「65歳以上の障害者は、介護保険に移行されるため生きていけない制度になる、どうやって守って行けばいいのか」などの怒りの感想が寄せられました。
長崎民医連の事業所以外からは、9つの同業事業所から13名、友誼団体から8名の参加でした。文教厚生委員であり、前回の介護改訂の折県下の事業所から寄せられたアンケートをもとにした県介護福祉部との懇談にも参加し、議会でも介護問題を取り上げて頂いた堀江ひとみ県会議員も参加されていました。
 講師の最後のまとめに、当初要支援はすべて介護保険から外す計画であったが、反対の声が大きくなったことで、ヘルパーとデイサービスのみを外すと計画が変更されてきている。国会に上程される前の今、利用者の声を皆さんが代弁して国会に届けて欲しい。あきらめないで反対の運動を大きく広げて欲しいと訴えられました。


 平和公園での「12・8不戦の集い」に参加

 12月8日は、72年前に日本が太平洋戦争をはじめた日でもある。この日午前にたまたま平和公園を歩いていて、「長崎の証言の会」の皆さんが行われている「12・8不戦の集い」に出会い、私もさっそく参加しました。
13長崎不戦のつどい
 この戦争は、1945年8月9日の長崎への原爆投下をもたらした。核兵器廃絶と「不戦」は、一体である。
 集いでは、「秘密保護法」の強行に抗議する声明も採択された。
 13長崎不戦のつどい声明

 
スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索