2014/05/03 Sat
 4月25日、大阪社保協が企画し、中央社保協も呼びかけて開かれた「介護保険見直し案に関する厚生労働省レクチャ―」は厚生労働省の老健局振興課、介護保険計画課、老健局高齢者支援課が事前の質問書に対する「回答」を行い、質疑応答を行った。

 その⑫ 総合事業 どんな姿になるかは市町村次第

 予防給付の訪問介護・通所介護の移行先になる「新たな総合事業」は、2015年4月実施。しかし、猶予措置により、2017年4月実施も可能とされている。市町村が実施するのに必要な事項を示すというガイドラインはいつになるのか?
事前質問
実施時期について
①新総合事業ガイドライン案はいつ提示するのか

厚労省回答
回答)総合事業のガイドラインは、最終的には年度内であるが、 現在検討中であるので、ある程度固まったらお示しし、その上で最終的に年度内に決定することになる。

市町村担当者よ。慌てることはない。ガイドラインを読んで考えてからどうするかゆっくり考えるべきだと思うのだが。

厚労省が、今回打ち出した「みなし指定」なる、超手抜き技。「予防給付(訪問介護・通所介護)の指定を受けている事業所は、総合事業の事業所指定を受けたものとみなす」
これについて事前質問
②新総合事業実施時の対応について
・「みなし指定」は全ての既存指定事業所に適用されるのか(市町村判断で一部を除外することは可能か)


厚労省回答は
回答)みなし指定は、一部の既存事業所を除外するというようなことはない。すべての既存指定事業所に適用されるものである。
と、これだけは明快。予防給付の指定を受けていた全ての訪問介護・通所介護事業所が総合事業に自動的に引きずり込まれることになる。

さらに厚労省資料のわけのわからない円滑移行措置についても事前質問
・「新規認定者から移行する」(同資料379頁)など柔軟な扱いとは、既認定者は要支援の更新認定を受けたのちも予防給付が継続するという趣旨か

厚労省回答
回答)新規認定者から移行する 総合事業を実施した後に要支援認定を受けられた方は、原則として総合事業に移行していただくことになるが、例外的なパターンもあるので詳細は検討中。

これもわけがわからない回答。

総合事業実施後、既存の訪問介護事業所と通所介護事業所がどのようになるのか、よくわからないので、最後の質疑応答で質問してみた
質問)訪問介護が3つにわかれて総合事業(訪問型サービス)に移行するという図と法案の1号訪問事業の関係がよくわからない。①既存の訪問介護事業所は現在とほぼ同じ条件で見なし指定を受ける ②ボランティアなどは市町村の委託事業となる ③既存の事業所は無資格者の生活支援サービスの指定などを受けることもできる というごちゃまぜのような形になるのか。



厚労省回答は
回答)端的にいうとそうである。法的な位置づけとして「市町村が事業を実施する」のが基本であって、市町村が実施すべきものを直営以外にいろいろなNPO・社協などの団体や既存の介護事業所に委託してやっていただくということである。今回市町村の負担を考慮して指定という形も考えた。実施には様々なやり方があり、これに対し事業費を支払うということが市町村の役割となる。これまで保険給付として一律の基準で縛っていたのを少しゆるくしていろいろなやり方でやれるようにしたというのが今回の改正である。

 指定と委託、従来に訪問介護事業所も無資格者の生活支援サービスも、ボランティアなどもごちゃまぜになるのか という質問に「そうである」と回答した厚労省。レクチャー会場は笑い声に包まれた。
 
 しかし、こんなごちゃごちゃな姿では、もはや訪問介護も通所介護も解体・変質するであろう。

 たとえ、法案が国会で通って、総合事業に移行しても、既存の訪問介護・通所介護事業所をこれまでと同じ基準で運営し、事業費もこれまでの報酬単価と同じ額を保障することも市町村裁量でできるのではないか。

 そこで最後の質問
質問)市町村によっては、ごちゃごちゃにせず、非常にシンプルな形、例えば、既存の訪問介護事業所を既存の基準で見なし指定して、既存と同じ単価を支払うだけということもあり得るか。

厚労省の回答
回答)こちら(厚労省)の意図とは関係なく、そういう形はあり得ると思う。

そうである! 厚労省の意図に反し、市町村が、予防給付のサービス水準を維持し、事業所運営と、利用者を守り抜く立場に立ちきれば、利用者サービスは守ることは可能である。

 当面、国会での介護保険改悪法通過阻止のたたかい、そして、その後は、政令・省令やガイドラインなどをめぐって厚労省とトコトンやり合い、最後は、市町村が主戦場である。

(おわり)


スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索