2014/05/11 Sun
5月10日、「介護に笑顔を 北海道連絡会」の主催で「 安心できる介護制度をめざす学習会」が開かれました。


北海道では、この連絡会が、昨年から「要支援者の保険外し」「特養の入居制限」に反対するアピールへの賛同を呼びかけ、北海道社会福祉協議会事務局長や自治体首長をはじめ、800団体もの賛同を集め、道内の市町村の3分の1以上の60を超える自治体議会で介護保険改悪に反対または異議をとなえる意見書を採択してきました。こうした自治体議会意見書は全国で210にのぼっていますが、そのうち4分の1以上が北海道ということになります。


学習会では、「地域で今!私たちにできること」のテーマで、改悪介護保険のもとで自治体に対してどのような要求をしていくかなどについて、「新総合事業」による要支援サービス問題を中心に、私からお話させていただきました。


「行動提起」では、重大局面を迎えている医療介護改悪法案撤回めざし、衆議院厚生労働委員会の議員に対して緊急FAX送付が呼びかけられました。


衆議院厚生労働委員会の委員名簿も配布。

機敏で、幅広く粘り強く運動する。北海道のような運動を全国各地で取り組むことが必要との思いを強くしました。
スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索