2014/07/26 Sat
 堺市立西文化会館(ウエスティ)で、開かれている『検証~いわゆる慰安婦展』なるものを視察にいった。


各地で在日外国人に対するヘイトスピーチ・デモを繰り広げる差別主義・人権侵害団体である在特会系グループが企画する展示会だ。 
 多くの市民が堺市に「差別・人権侵害に公共施設を使用させるな」と要請したにも関わらず、堺市は使用を許可し、開催にいたったものである。

 せまい会場に、何十枚ものパネルが並ぶ、しょぼい展示会。


「慰安婦はねつ造だった」と手前勝手なことを書きたててパネルが並ぶ。


河野談話の取り消しも主張する。


さらに、「在日韓国・朝鮮人はもともと全員本国へ引き揚げるべき人たちです」などと、日本から出ていけと言わんばかりのパネル。さらにそのよこには、「だから朝鮮人は嫌われ、警戒される」などと書いたパネルも。

「日本のヤクザの30%を占め、犯罪率は日本人の5.6倍、・・・パチンコ、サラ金は脱税をしながら生活保護受給は数知れません」「日本に迷惑をかける外国人は居てほしくありません」
 
 まさにヘイトスピーチ展である。

 会場に置かれているチラシには、「日韓併合では日本は良いことをした」「日本が朝鮮にしたのはよいことばかり」
よくも、こんな真逆の嘘を恥ずかしげもなく書けるものだ。



さらに「南京虐殺なんて本当はなかった」などという、とんでもないチラシも。


「オスプレイは中国と北朝鮮の脅威から日本の領土を守っています」「沖縄県民のほとんどがオスプレイ配備や米軍・自衛隊の基地に賛成です」などという、アホなチラシも。


会場にいるだけで胸が悪くなり、また、日本人として恥ずかしくなるような内容ばかり。

こんな展示会に公共施設を使用させた堺市当局の「表現の自由」などという俗論と根性なし 改めて怒りがこみ上げる。 

会場の堺市立西文化会館(ウエスティ)の前にある「人権擁護宣言都市」「非核平和宣言都市」 「守ろう人権 許すな差別」の大看板が、泣いているようだった。

 
スポンサーサイト
Category: 時局争論

カーチャ >>URL

No title

「維新」と闘った堺市が、何故こんな展示会をゆるしたのでしょう。狙われたのでしょうが。今からでも取り消すべきです。

Edit | 2014/07/28(Mon) 09:53:11

 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索