2014/12/28 Sun
 私は、自分の朝食と 弁当は自分で作る主義である。これに便乗されて二人の子供たちの中学・高校時期の弁当も全てつくってきた。
 職場で昼休みに日刊「堺市職労ニュース」を全職員の机上に配布しなければならないので、昼食時間を節約するためにずーっと自分の弁当を作り続けてきた。大学卒業後東京で働いていた娘が、兵庫県の支店勤務になり、自宅から通勤している。職場の近辺に適当な食事ができる店が少ないというので、「また弁当作ってやろうか」というと、「うん。おねがい」というので、久しぶりに娘の弁当もつくることになった。「中味に文句は言うなよ」という条件で。
 
 ふと。思いついた。
  どうせ作るのなら、遊んでみよう。自分のは恥ずかしいから、娘の弁当作りで遊んでやれ、と「キャラ弁」にチャレンジすることにした。
 キャラ弁とは、ご存じ、キャラクターの顔などをご飯やおかずを使って作るお弁当のこと。 2007年くらいから話題になり始め、2014年現在ではブームの粋を出てお弁当の一ジャンルとして確立されているようにも見える。

 ということで11月からはじめたキャラ弁つくり。まあ、毎日はめんどくさいので、気の向いたときだけ。

とりあえず おにぎりと 茹で卵で「顔」をつくってみた



のりでまいたおにぎりで「くまもん」に挑戦。とろけるチーズを使ったので目と口が少し崩れた


リクエストにより バリーさん 


私の勤める堺市南区の ゆるキャラ「みみちゃん」。あまり似てないとのことで市議会議員の人からフェイスブックで「いいねは押せません」と言われた。


これは、がんばった「りらっくま」。そのわりにうまくできなかった


リクエストにより くまのぷーさん 表情が情けない



これもリクエストにより ぽんたくん 手がウインナーで不自然




11月は講師活動、執筆活動が忙しく しばし キャラ弁は中断。普通のおっさん弁当にもどる


12月半ば過ぎて 暇になったので 再開 まずは クリスマス風 といってもどこがサンタやねん と言われそう


キャラクターのトップスター ひこにゃんにチャレンジ 



京都のヘルパーさんからリクエスト 京都タワーのマスコットキャラ たわわちゃん 



まあ、こんな ぶさいく キャラ弁 ばかりだったが、25歳の娘は 文句を言わず つきあってくれている。

もう少し、うまくできるようになったら「ご当地キャラ」特集なんて作ってみたいなあ、とアホなことを考えている。
スポンサーサイト
Category: 雑感・雑記
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索