2014/12/30 Tue
 2007年から毎年つくっているおせち料理。今年もチャレンジしました。
 
 まず、買い出し。近所のスーパーと魚屋さんへ。去年のブログを見ながら、大慌てで買物。消費税の影響で、同じものでも去年より値段が上がっています。

 そして、近所の浜寺公園に松葉をとりにいきます。これは焼ぎんなんを刺すためのものですが、大きくて丈夫なのは浜寺公園の松です。

 そして2時間余り台所でゴソゴソ ガチャガチャ 完成。といってもできあいのものを多用している手抜きおせちですが。

 まず、全体。 遠くから見ると 本格おせち料理のようにみえませんか。


 壱の重

 紅白かまぼこ(私は切っただけですが)
 シシャモ明太子風サラダのかまぼこくるみ(出来合いのものをかまぼこの薄切りでくるんでとめたもの)
 焼ぎんなん(ぎんなんにさしてある松葉が浜寺公園の松です)
 黒豆(できあいの黒豆を少し加熱して栗の甘露煮を放り込むだけで輝きがましたように見えます)
 いくら醤油煮(まったくできあいのもの)
 ごぼうのたたき(できあいのやつを加熱してゴマをふりかけただけ)
 小鯛笹漬(できあいのものを小さく切っただけ)
 伊達巻((できあいのものを斬っただけ)

 弐の重

 エビの酒炒り(これは自分でやりました。有頭エビを背ワタをとって、酒、塩でさっと煮て赤くなったら火を止める)
 田作り(これも私がやりました。たれは砂糖をすくなめに、フライパンでごまめを炒めたあと、少量の油を加えるとくっつかずにパリパリになると、田舎の母から教わりました)
 棒だら甘煮(できあいのもの)
 シシャモ明太子風サラダ(できあいのもの)
 サーモンのなんとか(洋風のおつまみ。おいしそうだから切って入れてみた)
 高野豆腐(私が煮てつくりました。煮た後、クッキングペーパーに何度も載せて、水気をとります。だれにも教えてもらってませんが、多分、それでいいとおもいます)
 
 参の重


 数の子(出来合いのものを半分の長さに切って、鰹節をかけただけ)
 煮しめ(しいたけやれんこんや小いも、たけのこ、ニンジン煮しめる。これにきぬさやの塩ゆでを加える。きぬさやは切れ 込みをしっかり入れると見栄えがよい。生麩を乗せると彩りが出る)
 紅サケの塩焼き(小さめにカットしてグリルで焼く。小骨をしっかりとるのがめんどくさい)
 金目鯛の粕ツケ焼き(小さくカットして酒粕をおとしてグリルで焼く)
 きんぴら(できあいのもの。ゴマをふりかけただけ。はっきりいってこれは見栄えも悪くまずい。時間があれば自分で作りたい)
 鮭の昆布巻き(できあいのもの)

 以上、おっさんでも2時間でできる簡単 手抜きおせち料理です。
スポンサーサイト
Category: 雑感・雑記
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索