2015/01/07 Wed
昨年の仕事納めの日、2014年12月26日、厚生労働省は介護保険最新情報vol.409を発出した。
約束していた低所得の介護保険料軽減が、消費税10%への増税延期のために未だに軽減幅を示していない。今回の事務連絡は、各自治体の来期の当初予算案を作成するにあたっての注意事項を示したもの。
「低所得層の介護保険料を最大7割軽減しま~す!」と言い回ってきながら、「軽減幅は分かりません」と大幅トーンダウン。そして、今度は自治体に注意事項!

ふざけるのもいい加減にせい!

約束どおり軽減を実行すれば済むこと。安倍政権の思い上がった対応の典型である。全国の自治体は国に怒り、断固抗議すべきである。
厚労省介護保険最新情報Bol.409




ーーーー以下要約ーーーーーーーーーーーーー

政府は、介護保険改正により、平成27年4月1日から消費税率引上げによる公費投入により低所得者の保険料軽減を行う仕組みを設けることとしている。しかし今回、消費税率10%への引上げが平成29年4月に延期されたことを踏まえ、平成27年度の社会保障内容を優先順位をつけながら最終調整を行っているところであるため、具体的な軽減幅については当初予定していた内容で実施することが確定しているわけではない。

政府予算案が確定するころ、軽減幅の政府案等については周知する予定であるが、その内容によっては都道府県および市町村の当初予算案の見直しが必要になる可能性がある。

そのため、各自治体が予算案を作成するときには、その点に留意すること、としている。

http://www.care-mane.com/pdf/feature/q&a/vol409.pdf
スポンサーサイト
Category: 介護保険料
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索