2015/01/22 Thu
 1月22日午後と夜に、大阪グリーン会館において「介護保険料引上げをやめさせるための学習決起集会が開催された。
午後の集会は、介護保険料に怒る一揆の会、年金者組合大阪府本部、全大阪生活と健康を守る会連合会の共催。 
 開会あいさつは、全大阪生活と健康を守る会連合会の秋吉さん。


私から1時間、介護保険料について、お話させていただいた。 


一揆の会の藤原さんが、第6期介護保険事業計画案に対するパブリックコメントについて報告された。

閉会あいさつは、一揆の会の宮崎代表。


夜の部は、大阪社保協の主催で開催。
司会は寺内事務局長。


堺の介護1万人アピール運動の報告もされた。



会場では、「2015改正介護保険」と「介護保険は詐欺である」の書籍も販売された。

私が報告したレジュメ。

今こそ、全自治体で介護保険料引上げ中止の請願運動を!
~第6期介護保険料をめぐる最新情勢と2~3月議会での課題
2015.1.22 介護保険料に怒る一揆の会 日下部雅喜


はじめに
  消費税再増税延期、社会保障抑制と大軍拡の安倍暴走政治
  地域から対決する運動の一翼は介護保険料引上げ反対運動

1.介護保険は今どうなろうとしているか 「国家的詐欺としての介護保険」
(1)「みんなで支える老後の安心」は完全なウソ
 ○半年間無料で始まり、その後1年間半額
 ○年金天引きで漏らさず徴収
○最初の3年間は大判振る舞い 介護は社会(制度)が行います
   要支援から利用できる 利用料は1割 
(2)繰り返される引上げとサービス切捨て負担増
 ○10年あまりで1.7倍へ
 ○負担増は施設から(食費・部屋代自己負担)
 ○サービス切り捨ては要支援者から 
 ○引下げつづく事業者の介護報酬
 ※出現したのは「介護の危機」「老後の危機」
(3)15年目の大改悪
 ○要支援サービスの切捨て 住民ボランティア任せ
 ○要介護1.2は特養の申込もできず
 ○少し所得があれば2割負担
 ○低所得でも施設の食費・部屋代補助打ち切り
 ※10年後の「暗黒老後」 利用は要介護3以上、自己負担2割以上、施設の食費・部屋代は完全自己負担、保険料は1.6倍以上に
  自己責任、互助の統制、営利化・産業化

2.介護保険料その仕組みと問題点
 ○介護費用の2割は全高齢者に負担させる(際限ない引上げ制度、8割は掛け捨て)
 ○介護保険財政の赤字は全高齢者の連帯責任で
 ○所等段階別というが「高齢者相互の負担」
 介護保険制度の根本矛盾は介護保険料

3 第6期介護保険料 今、何をすべきか
(1)大幅引上げ続出の第6期介護保険料
   大阪市 5,897円→6,998円 18.7%アップ
   堺市  5,349円→6,255円 16.9%アップ
   第6期事業計画パブリックコメントを経て
   2月~3月議会へ介護保険条例で介護保険料改定
   
(2)今度は「やるやる詐欺」! これこそホントのうそつき政権
 ○やっと法制化された「公費による低所得者保険料軽減」
 ○消費税再増税延期で、大部分見送り、軽減強化はごく一部、それもたったの5%軽減
 ※国費負担分 650億円を110億円に圧縮
  
  消費税再増税2%分が「不足」というが 540億円出すところがないのか!軍拡予算と比べてみよう
(3)政府と自治体へ高齢者の怒りの声と行動を
 ○安倍政権に「当初案どおり2015年度から軽減せよ」の要求行動(全国的たたかいへ)
 ○全市町村議会へ「引上げ中止」「軽減強化実施」の請願を提出
 ○議会の「争点」とさせるように宣伝、署名、高齢者団体申入れ、議員要請などあらゆる可能な取り組みを地域で追及
   社保協、年金者組合、生健会、新婦人、民医連事業所、個人などあらゆる請願を(高齢者はもっとも投票率の高い有権者) 

おわりに

スポンサーサイト
Category: 介護保険料
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索