2015/03/24 Tue
3月10日の町議会委員会で、介護保険料引き上げ案が否決されていた大阪府田尻町。
残念なことに昨日(3月23日)の本会議では、介護保険料値上げは、委員会で反対した議員も切り崩され、共産党以外賛成で可決された。
田尻町当局は、委員会否決後、大阪府に、介護保険料据え置きについて「照会」し、大阪府は3月13日付けで回答。田尻町が介護保険料を据え置くために、町の一般財源から介護保険への繰入れについて、「繰入れを行うことのないようお願いします。」とする大阪府福祉部長名の文書が出された。

田尻町議会には住民677人から、「介護保険料引き上げ中止、町独自の軽減」を求める請願が出され委員会では全会一致可決されていた。まさに介護保険料据え置きは「町民の声」であった。これに、干渉する文書を出し介護保険料引き上げを誘導した大阪府の態度は許しがたいものである。
また、介護保険法令のどこにも自治体が一般財源を介護保険特別会計に繰り入れることを禁じる規定はない。政府厚生労働省も「禁止ではないので制裁措置もない」と明言している。今回の大阪府福祉部長回答も「お願い」に過ぎない。
田尻町当局がこれに迎合し全議員に大阪府福祉部長回答を配布し「国と大阪府が適当ではない、と言っているからできない」などと言って回り、議員の多数が屈服したことは、極めて残念である。
スポンサーサイト
Category: 介護保険料
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索