2015/04/29 Wed
 4月28日、厚生労働省は(第6期)2015~17年度の65歳以上の介護保険料の平均が月5514円になると発表した。第5期(2012~14年度)に比べ11%もの引き上げである。制度開始時の第1期(2000~2002年度)は、月2,911円だったので、15年で1.9倍以上になった。
大阪府などは平均が6,000円を突破してしまった。

さらに、厚労省によると2020年度には月6,771円、2025年度には月8165円に増える見通しで、高齢者家計では到底負担できない水準に跳ね上がる。

厚生労働省資料

介護保険は、制度改悪により、要支援のサービスの保険外し、利用者負担の2倍化、特養新規入所者を要介護3以上に限定、施設利用者の部屋代と食事代の補助カットなど、サービス切り捨てと負担増加が始まったばかりだ。一歩で介護サービス事業者に支払う介護報酬は2.27%カットした。

高齢化が進み介護サービスを増やせば、全高齢者の介護保険料が上がる。こんな介護保険制度こそ限界に来ている。

今こそ、保険料依存の仕組みを改めて、公費負担割合を増やすべきである。当面、2年後に延期した「公費による低所得者保険料軽減」を直ちにに実施するべきである。

 
スポンサーサイト
Category: 介護保険料
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索