2015/06/12 Fri
 介護保険料に怒る一揆の会、年金者組合大阪府本部、全大阪生活と健康を守る会連合会は、6月12日に大阪市介護保険課と交渉を行いました。これは、4月24日に提出していた大阪市長あての5項目の要求書に基づくもので、5月20日に示されていた大阪市の「文書回答」をめぐっておこなわれました。


大阪市からは介護保険課長代理らが対応。


 住民投票での「大阪市廃止構想」否決を受け、介護保険は引き続き大阪市が運営
 まず、要求項目1の「大阪市解体構想を撤回し、介護保険については引き続き政令指定都市・大阪市が責任持って運営を行うこと」については、「住民投票での結果を受け、今後とも大阪市が運営を行う」ことを言明しました。
介護保険料引上げの根拠説明できず
大阪府内での1番高い大阪市の第6期介護保険料については、「要介護認定者数や介護保険サービスの増加、独り暮らし高齢者や低所得者が多い」ことを理由に「引き上げ」を行ったと説明しました。しかし、3団体側から、「なぜ14.6%もの大幅な引上げになったのか」と追及されると、数値を含め納得のできる説明ができず回答不能状態に陥りました。
3団体側は、制度改悪により介護サービスが後退している一方で、納得できる説明もしないでこのような高額な保険料は高齢者の理解が得られるはずがない、として引下げを強く求めました。
「国へ要望する」だけで市の努力なし
 さらに、保険料軽減のための「一般財源からの投入」については、「国が適当でないとしている」の一点張りでした。国民健康保険は、大阪市は183億円の一般財源からの繰入で保険料を軽減しているにも関わらず、介護保険料については、市としての軽減努力をまったく行わず「国に要望する」と答えるだけの無責任なものでした。
3団体側は、一般財源投入は国も「禁止」とはしていないので大阪市としての努力をまず行うべきであること、さらに、国への要望は「保険料軽減」を明確に求めるべきであることを強調しました。
まるでペテン 国基準より高い低所得者保険料基準
 大阪市は、「生活保護受給者等」(第1段階)と「非課税世帯で年金80万円以下等」(第2段階)を、国基準「0.45」より高い「0.5」に設定しています。「一番低所得で苦しい高齢者層からなぜ、国より高い基準で保険料を負担させるのか」という追及には明確な回答はまったくありませんでした。
市の基準額を国より高く設定しながら、それを隠し、国の公費による低所得者保険料軽減によって従来より下げたかのように見せかける「ペテン」のようなやり方に対し、3団体側は強く抗議し、改善を求めました。
回答できず 生活困窮者の減免制度改善問題
 大阪市は、年収150万円以下(単身の場合)を対象に一定の要件をつけて、保険料を減免しています。交渉では、「保険料を滞納していないこと」の要件について、撤廃するよう求めましたが、明確な返答はありませんでした。さらに、収入から控除できるものに「医療費」と「国保料」などが案内パンフレットに記載されていない問題については、その場で回答できないというお粗末な対応でした。
3団体側は、「保険料完納」を要件にすることは、「高すぎて払えない」人は対象にしないことであり、削除すべきであること。収入から「医療費と国保料など」は控除して計算すべであることを強調し改善を求めました。
要介護認定事務民間委託問題
 大阪市が2012年から行っている要介護認定事務の民間委託問題では、交渉参加者から要介護認定の不審も含めてさまざまな危惧や指摘がされました。これに対し大阪市側は、「認定事務の一部を委託するだけで、審査判定や認定そのものは市で直接行っている」と述べるだけで、「市で直接責任を持って行うべき」との3団体側の要求には応えようとしませんでした。
3団体側は、大阪市として引き続き介護保険制度を運営することになったことを踏まえ、今後、高齢者の実態と声を十分に踏まえた介護保険とするよう市の努力を求め、交渉を終わりました。
スポンサーサイト
Category: 介護保険料

osakamon >>URL

No title

初めまして。ちょくちょくブログを拝見させていただいています。
ブログの本筋とはすこし外れますが、1点気になった点があるのでコメントさせていただきます。
本項では大阪市当局の福祉政策に関する不誠実な対応について追及されている様子が掲載されておりますが、その中で大阪市職員の写真(顔が判別できる写真)が掲載されていますね。当局への追及は大いに結構(胸がスッとします)なのですが、職員の写真を掲載するのはいかがなものかと思います。たとえ相手が公務中の公務員であっても「みだりに容貌を撮影されない自由」(プライバシーもしくは肖像権)があったかと記憶しております。たとえば市長や議員といったいわゆる公人を撮影する場合や報道機関が取材の一環として撮影する場合は別として、管理職でさえないヒラの職員を報道記者以外の個人や団体が撮影し、このようにインターネット上に公開場合した場合には人格権の侵害に当たる可能性がありますよ。(たしか平成17年あたりの最高裁判決に肖像権侵害関係の判例があったかと)個人の権利救済を目的として戦っておられる貴方様が個人の権利侵害の可能性がある行為をされると、貴会の活動の正当性や今後の活動の障りになる可能性もあるかと思いましたので老婆心ながらご忠告申し上げた次第です。

Edit | 2015/07/07(Tue) 22:53:31

osakamon >>URL

No title

たびたび投稿して申し訳ありません、先程肖像権に関して投稿させていただいたものです。参考となるかはわかりませんが、肖像権についての弁護士の見解がインターネット上に載っていましたので、参考までにお知らせしておきます。
みずほ中央法律事務所
http://www.mc-law.jp/kigyohomu/4984/
藤沢昌隆弁護士のブログ
http://roudoukun.blog.fc2.com/blog-entry-91.html

結局のところ、個人の権利侵害で訴えられることはあっても逮捕されるわけではないので、あとは貴会の皆さんが個人の権利をどう考えるかという問題のようですね。たびたびお騒がせしましてすみません。

Edit | 2015/07/07(Tue) 23:19:58

 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索