2015/08/21 Fri
8月21日午後、介護保険料に怒る一揆の会、年金者組合大阪府本部、全大阪生活と健康を守る会連合会は、2015年度の介護保険料等に対する不服審査請求の集団提出行動を行いました。大阪府内では、全市町村が今年度介護保険料を引き上げました。基準月額(本人非課税)は、加重平均で、5,303円⇒6,025円(13.6%増)と大幅に引き上げられ、最も高い大阪市は、6,758円になりました。 大阪府HP 年金者組合はこの提出行動に先立ち、天満橋駅前で街頭宣伝を行い汗だくで参加。不服審査請求提出行動前集会(大阪府議会会館)には府内各地から80人以上が集結。大阪府の介護保険審査会、国民健康保険審査会、後期高齢者医療審査会に対し不服審査請求書を提出しました。提出行動前集会 各審査会に審査請求書を提出 介護保険審査会 後期高齢者医療審査会 国民健康保険審査会 この日の提出件数は、 国民健康保険料 125 後期高齢者医療保険料 234 介護保険料 664 合計 1,023件。 府内各地でも提出行動が取り組まれており、昨年を上回る審査請求をめざしています。
以下は、提出前集会で私(日下部)が行った「行動提起」のレジュメ 介護保険料不服審査請求 提出前集会 行動提起 はじめに  ~ いまの情勢と不服審査請求の意義 ○介護保険改悪 4月実施 8月負担増実施、公費低所得者軽減見送り医療保険改悪法国会成立 国保都道府県移管、後期高齢者医療保険料改悪 ○介護保険料引上げ大阪府内全自治体が引上げ○年金・医療・介護改悪への高齢者の怒りを制度的に表す 不服審査請求! 1 不服審査請求の前提 何に怒るか ・介護保険 もう 負担も限界 制度・財源も限界 要支援者切捨て 利用者負担2割、施設入所者負担増など大改悪 ・さらに医療・年金改悪、国保の「都道府県化」へ・生活保護切り下げ、年金切り下げ、さらにマクロ経済スライド導入されれば毎年引下げ 2 今後の行動 ①「通知を知ってから60日以内」 間に合うこところは各地で請求を ②介護保険審査会 1ヶ月程度で 「お尋ね文」送付「②保険料」には必ず○印をし、「理由」には、保険料について納得できないこと・不当だと思うことを簡潔に記載して返送しましょう。昨年度の審査請求では、5年越しのたたかいで「却下」(門前払い)をはねかえし、大多数を内容審査に持ち込みました ③内容審理に入れば、「弁明書」が届きます。各団体・地域ごとで「反論書」の提出を行いましょう。 ④「口頭意見陳述」も行うことができます。積極的に申し立てましょう。地域・団体単位で 傍聴も行いましょう おわりに 新たな局面での運動を ①限界迎えた介護護保険に対する運動  ②介護保険見直しの中で「低所得者保険料軽減」 運動のチャンス!  ③来年度から不服審査制度改革で口頭意見陳述での市町村質問・答弁が制度化
スポンサーサイト
Category: 介護保険料
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索