2016/07/20 Wed
   介護保険料に怒る一揆の会、年金者組合大阪府本部、全大阪生活と健康を守る会連合会は、七月二〇日に大阪府高齢介護室と交渉を行いました。上がり続ける介護保険料を抑えるための大阪府の努力を求めましたが、大阪府側は高齢者の収入実態すら把握せず、「国に要望します」としか答えない無責任な姿勢に終始しました。
九年後には1.5倍の保険料
大阪府は、現在府内平均月額6025円の介護保険料の「将来推計」を四年後は7295円、九年後には8929円と大幅に上昇する数字を示しました。現在の1.5倍もの大幅な引き上げになります。「年金が減り続けている中で高齢者の負担はどのくらいの割合になるのか」との質問に大阪府はまったく答えられず。府として高齢者の収入や生活実態を把握していないことが明らかになりました。
大阪府としてどうするのか
大阪府に対し「保険料を抑制するために府としてどう努力するのか」を追及しましたが、大阪府側は「国において必要な措置が講じられるべき」「国に要望します」としか回答しませんでした。
介護保険、赤字か黒字か答えず
「大阪府の介護保険は赤字なのか黒字なのか」との質問にも答えられず、府の財政安定化基金から借入をしている五自治体(大阪市・柏原市・八尾市・泉佐野市・くすのき連合)を示すのみでした。
公費による低所得者軽減、いつからやるのか
国が約束している「公費による低所得者保険料軽減の来年度実施」についてもまともに答えないなど無責任な態度に終始しました。
スポンサーサイト
Category: 介護保険料
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索