2016/10/25 Tue
10月22日午後大阪介護支援専門員協会堺市北区支部の学習会にお招きいただいた。7月23日に続き第2回目である。
  この学習会を企画され私に声をかけていただいた方はもういない。9月14日に急逝された。55歳。一人息子を残したままこの世を去られた。母親としてさぞかし心残りのことだったろう。
 彼女が、大阪介護支援専門員協会堺市北区支部長として、私を当時の職場(堺市南区役所介護保険係)まで訪ねて来られたのは昨年末であった。
「北区のケアマネ研修で、介護保険改定とケアマネジャーについて話して欲しい。7月と10月の2回でお願いします。」
 私は、少ししぶった。「もうすぐ堺市役所を辞めるし、介護支援専門員協会で私のような制度批判、行政批判の話しはそぐわないのではありませんか」
 彼女は「日下部さんの自由な立場で言いたいことを言ってもらってかまいません。ケアマネはそれが聴きたいんです」と言われた。
 そして、今年7月23日の学習会。テーマは「どうなる?介護保険 新総合事業」。私が送った100ページ近いパワーポイントの資料を、彼女は何と自宅のパソコンプリンターで参加者全員分をカラー印刷された。2日間くらいかけて、途中でプリンターのインクがなくなれば買いに走ったそうである。
  後で、私が「縮小して白黒でコピーすれば簡単なのに」と言うと、彼女は「せっかく資料、カラーで大きく印刷した見やすい資料でケアマネさんに見て欲しかったから」と言われた。
 こんなに学習会参加者のことを考えている主催者はめったにいない。
  この7月23日の学習会当日の午前に彼女は病院で「がん」の告知を受けたそうである。にもかかわらず、まったくおくびにも出さず学習会を段取りして、懇親会まで仕切った。
 その後すぐに入院。まわりのケアマネさんには「10月の学習会までには帰ってくるからね」と言っていたそうである。
 私とはFBでつながっていたが、そんな重篤な病気とは思いもよらず「また10月の学習会で会えるだろう」なんて思っていた。
 9月3日のFBの書き込みには、
「みんなも、頑張ってる❗
高齢の利用者さまも頑張っておられる」・・
「私もみなさまのご期待に添えるよう、毎日頑張ってます❗
もう少しお待ちくださいね👍」
とあった。そして、これを最後にFBの書き込みは終わった。
 
 そして突然
「母・・・・・儀 かねてより入院加療中でございましたが去る9月14日午前11時32分 55歳の生涯を閉じました
ここに故人が生前中賜りましたご厚誼に対し遺族一同心よりお礼申し上げます」
という息子さんの名による書き込みがされた。
 数日後、北区支部の副支部長のケアマネさんから「学習会は予定どおりやります。支部長は『10月の学習会は行く』と言っていましたから。」当日は学習会開始の前に、別の会場で「お別れ会」を開くという。
 そして、10月22日。午後1時30分から開かれた「お別れ会」には介護支援専門員協会堺市ブロックの各支部長さんをはじめ多くのケアマネさんが参列し、献花した。
 午後3時からは会場を移して「大阪介護支援専門員協会堺市北区支部 学習会」。
 
  「総合事業・介護保険見直しーケアマネジャーの課題を考える」のテーマ。
  主催の責任者だった彼女が最後まで、気にかけておられたというこの学習会。精いっぱいお話しをさせていただいた。
地域のケアマネ仲間と利用者さんのことを最後まで気にかけておられた尊いケアマネジャー。
 安らかにお眠りください。
  
スポンサーサイト
Category: 活動日誌
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索