2016/12/03 Sat
12月2日午後、大阪グリーン会館で、介護保険料に怒る一揆の会第16回定期総会が開かれた。


司会は高山アサ子世話人


第1部は、学習会で日下部雅喜事務局長が「介護保険改悪の最新情勢」について報告した。


第2部 一揆の会第16回総会


代表挨拶  宮崎守弘代表


活動方針提案 藤原一郎事務局次長


役員提案 速水敏子世話人


総会アピール提案田中千寿代世話人


閉会挨拶    足立章世話人


第3部   総会記念懇親会。司会進行は中井常生世話人


中居多津子世話人の手料理による懇親

総会アピール
本日私たちは、2016年度の総会を開催しました。
安倍政権は、昨年の「戦争法」強行成立に続き、先日南スーダンへ「駆けつけ警護」を任務に加えた自衛隊派遣を強行しました。異国の地で自衛隊が「殺し殺される」ことを招きかねない事態です。暴走を続ける安倍政権に対し、市民と野党の共同が大きく広がっています。国民的共同の発展は、安倍暴走政治を打倒する絶好のチャンスであり、とりわけ政府による高齢者の生活破壊が続く中、高齢者自らがたたかうときでもあります。
今、社会保障の総改悪は、年金・医療・介護など高齢者を中心に連続して行われようとしています。とくに、介護保険は制度始まって以来の大改悪で、サービス切捨てと負担増の一方、介護保険料は、高齢者の生活を脅かしています。さらに安倍政権が掲げる「一億総活躍社会」は、介護職場の安価な労働力活用でサービス低下を引き起こします。まさに、私たちが指摘した「保険料あって介護なし」が現実の問題となってきています。
私たちが、16年前に介護保険料で呼びかけた「現代の一揆」=集団不服審査請求運動が、今や社会保障改悪に抵抗する行動形態として広がり、生活保護費引下げに反対する全国1万人以上の審査請求に続き、年金の連続引下げに対する全国12万人以上の審査請求を発展させた「年金引き下げ違憲訴訟」も全国で取り組まれています。
今こそ、社会保障改悪と安倍政権への怒りを、具体的な運動へと結びつけていくことが求められており、私たちのたたかいはかつてなく重要になっています。
本日の総会を機に、豊かで安心できる老後の保障を目指す運動をいっそう強化することを決意し、大阪府内のすべての皆さんに社会保障改悪に反対し、命と暮らしをまもる壮大な共同行動をよびかけるものです。
2016年12月2日
介護保険料に怒る一揆の会 第16回定期総会
スポンサーサイト
Category: 介護保険料
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索